News & Hot Paper Digest
トピックス

[2017年ノーベル賞解説記事]クライオ電子顕微鏡による構造解析法の開発

産業技術総合研究所バイオメディカル研究部門構造生理研究グループ 佐藤主税

2017年のノーベル化学賞は,スイスのJacques Dubochet(ローザンヌ大学),米国のJoachim Frank(コロンビア大学),英国のRichard Henderson(MRC分子生物学研究所)の3氏に贈られた.授賞理由は「溶液中で生体分子を高分解能構造測定するためのクライオ電子顕微鏡法の開発」である.

サンプルを氷の中で観察するクライオ電子顕微鏡(電顕)による観察は,微細構造の観察に革命を起こしつつある.特に,タンパク質結晶を用いない単粒子構造解析法は,構造生物学に巨大な変革をもたらしはじめた.今回のノーベル化学賞は,その方法開発に大きな貢献をした3人に授与された.それまでは氷中の分子を電顕で観察しようとしても,水を凍らせるだけで部分的に結晶状に凍って観察の邪魔になっていた.しかし,1980年代前半に,Dubochetは,この問題を回避する方法を発明する.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年12月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年12月号 Vol.35 No.19
少数性生物学ってなんだ?
少数の因子が生命システムを制御する

永井健治/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート