News & Hot Paper Digest
トピックス

Type2サイトカインによる感覚神経の直接刺激が痒みを増悪させる

大阪大学免疫学フロンティア研究センター 丸山健太

年,感覚神経系の侵害受容機構や生理機能に関してこれまで想像だにしなかった新事実が次々と明らかとなってきた.例えば,TRPV1陽性の感覚神経がインスリンの分泌抑制を介して寿命を短縮させていること,TRPV1陽性の感覚神経を薬理学的に除去することで乾癬の病態が軽快することなどが発見され,痛覚を担う感覚神経系の内分泌系・免疫系に対する知られざる作用の存在が浮き彫りとなった.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2017年12月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2017年12月号 Vol.35 No.19
少数性生物学ってなんだ?
少数の因子が生命システムを制御する

永井健治/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート