News & Hot Paper Digest
ニュース

アムジェン社 v. サノフィ社判決から窺える抗体医薬クレームの広さ

特許業務法人志賀国際特許事務所 飯田雅人

許とは,新しい発明をした人にその発明の独占を認めることをいう.例えば,バイオ系研究者が,研究により新しい知見を得た場合,特許庁が規定する一定の条件(特許要件という)を満たせば,その研究者(またはその研究者が所属する研究機関)は,その新しい知見を独占できる.独占とは,自分達だけがその知見を使えたり,その知見をもとに商売できたりするだけではなく,無関係な第三者が,その知見を無断で使用することを排除できることを意味する.従来,医薬品の主流は,低分子化合物であったが,現在の医薬品の主流は,抗体医薬やワクチンといったバイオ医薬品であり,バイオ系研究者にとって特許を取得するということの重要性が増してきている.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年6月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年6月号 Vol.36 No.9
がんは免疫系をいかに抑制するのか
免疫チェックポイント阻害剤の真の標的を求めて

西川博嘉/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート