News & Hot Paper Digest
トピックス

細菌から発見されたセルロースの新規な修飾

東京慈恵会医科大学細菌学講座
 杉本真也

ルロースは地球上に最も豊富に存在するバイオポリマーであり,植物の硬い細胞壁を作るのに重要である.セルロースは,グルコースがβ-1,4-結合した直鎖状の多糖体であり,それぞれの鎖同士が強固な水素結合ネットワークを形成することで,物理化学的な剛直性を生み出している.セルロースは植物以外にも多くの細菌によって産生されることが知られているが,バイオフィルム(微生物が生体や人工物の表面等に付着して形成する集合体)の材料にも使われている.バイオフィルムは,微生物細胞とそれらを包み込む細胞外マトリクスから構成され,バイオフィルム内部の微生物は抗菌薬や宿主免疫系に耐性を示す.そのため,感染症の慢性化・難治化の原因となり,特に,医療現場で問題視されている.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年7月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年7月号 Vol.36 No.11
次世代抗体医薬の衝撃
新たな標的・新たな機序によりいま再び盛り上がる抗体創薬

津本浩平/企画

新刊・近刊  一覧

マンガでわかるゲノム医学 ゲノムって何?を知って健康と医療に役立てる!
脳神経回路と高次脳機能
細胞・組織染色の達人
脂質クオリティ
超高齢社会に挑む骨格筋のメディカルサイエンス
レドックス疾患学
理系総合のための生命科学 第4版
がん不均一性を理解し、治療抵抗性に挑む
総力戦で挑む老化・寿命研究
あなたのラボにAI(人工知能)×ロボットがやってくる
ラボ必携 フローサイトメトリーQ&A
はじめの一歩の病理学 第2版
ヒト疾患のデータベースとバイオバンク
The オートファジー 研究者たちの集大成が見える最新ビジュアルテキスト
科研費獲得の方法とコツ 改訂第5版
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート