News & Hot Paper Digest
トピックス

相分離が細胞核の変動を感知してゲノムを再構成するー核質の凝縮が遺伝子制御の原動力となる

埼玉医科大学ゲノム医学研究センター 黒川理樹

-液相分離(liquid-liquid phase separation,以下相分離とする)は,細胞質内の構造やストレス顆粒,パラスペックルなど核内構造体の形成に重要な役割を担うことが知られてきた.今回,高濃度のタンパク質や核酸からなる細胞核の溶液成分と核質(nucleoplasm)の局所的な凝縮,すなわち,相分離が核内の動きを感知して,ゲノムを再構成することが示された(Shin Y, et al:Cell, 175:1481-1491, 2018).これは,遺伝子制御の物質的基礎を提示することになる.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2019年3月号掲載掲載

本記事の掲載号

実験医学 2019年3月号 Vol.37 No.4
食の機能実効分子のサイエンス
食品が生体に与える影響の理解と制御

國澤 純/企画

新刊・近刊  一覧

微生物学
いま、本格化する 遺伝子治療
PAIN—痛み
はじめの一歩の薬理学 第2版
生理学・生化学につながる ていねいな化学
iPS細胞のいま
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート