News & Hot Paper Digest
トピックス

出芽酵母のプロモーター上に“壊れやすい”ヌクレオソームは実在するのか?

横浜市立大学大学院生命医科学研究科 古久保哲朗

芽酵母のクラスⅡ遺伝子の転写開始点近傍には,ヌクレオソームの非存在領域(NDR,nucleosome-depleted region)が存在し,その両側には-1 nuc, +1 nucとよばれる2個の安定なヌクレオソームが位置すると考えられている.2015年,D.Shoreらのグループは,比較的大きなNDR(>150 bp)を有するハウスキーピング型遺伝子プロモーターの場合,従来NDRと考えられてきた領域には,特殊な構造を有する“壊れやすい”ヌクレオソーム(FN,fragile nucleosome)が存在するとのモデルを提唱した1)

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2019年5月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2019年5月号 Vol.37 No.8
運動ってなんだ?
“Exercise is Medicine”を支えるサイエンスを拓く

澤田泰宏/企画

新刊・近刊  一覧

PAIN—痛み
いま、本格化する 遺伝子治療
はじめの一歩の薬理学 第2版
iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート