News & Hot Paper Digest
トピックス

ゲノム合成で遺伝暗号表を書き換える

早稲田大学理工学術院電気・情報生命工学科 木賀大介

物が多様であることが魅力である一方,多様性のなかに普遍的なメカニズムを見出すことは科学における楽しみの一つであることは間違いない.大腸菌からヒトまでが同じ遺伝暗号を用いていたという,遺伝暗号の初期の発見から得た興奮こそが,「普遍」遺伝暗号という命名につながったのだろう.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2019年11月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2019年11月号 Vol.37 No.18
再定義されるタンパク質の常識
古典的なセントラルドグマの刷新と未開拓のタンパク質の世界

田口英樹/企画

新刊・近刊  一覧

微生物学
いま、本格化する 遺伝子治療
PAIN—痛み
はじめの一歩の薬理学 第2版
生理学・生化学につながる ていねいな化学
iPS細胞のいま
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート