News & Hot Paper Digest
トピックス

ついに細菌のシングルセルRNA-seqが可能に!? ―細菌の集団中から生まれる個性に迫る

筑波大学 医学医療系 トランスボーダー医学研究センター 尾花 望

菌は単細胞であるが,たとえモノクローナルな集団であったとしても,個々の細胞の遺伝子発現は非常に不均一である.細菌はランダムに亜集団に分化することが可能であり,これはさまざまな環境中で生存するためのベッドヘッジング(両賭け)戦略となっている.例えば,パーシスタンス(抗生物質耐性)やコンピテンシー(自然形質転換能)は,抗生物質による細菌感染症治療において大きな課題となっており,確率的に細菌集団中の一部の細胞において発現する.これらのレアな細胞分化の現象を解明するためには,バルクのトランスクリプトーム解析といった集団の“平均”を算出する方法では不十分である.現在までに,このような細菌の“個性”の解析には,蛍光顕微鏡やフローサイトメトリー法といった手法が主に用いられてきたが,これらでは限られた遺伝子セットのみの解析に留まる.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2021年4月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2021年4月号 Vol.39 No.6
世代を超えるエピゲノム
生殖細胞による獲得形質の遺伝を再考する

井上 梓/企画
サイドメニュー開く

TOP