News & Hot Paper Digest
ニュース

タンパク質構造予測のブレークスルー ―Alphafold2

パデュー大学生物学科計算機科学科 木原大亮

1994年から2年ごとに開催されている,タンパク質構造予測コンテストCASP(critical assessment of techniques for protein structure prediction)が昨年で14回目を迎え,年末に結果発表の会議がオンラインで行われた.CASPでは,主催者が事前に構造生物学者たちから2,3カ月中に構造が決定できる予定のタンパク質のアミノ酸配列を提供してもらい,参加する予測チームが各自の手法でその構造予測を行う.実験による構造決定終了後に主催者が予測構造との答え合わせをしてチームの得点を競うという趣向である.CASP14では,80近くの問題が2020年5月から8月にかけて出題された.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2021年4月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2021年4月号 Vol.39 No.6
世代を超えるエピゲノム
生殖細胞による獲得形質の遺伝を再考する

井上 梓/企画
サイドメニュー開く

TOP