実験医学:がんのheterogeneityーその解明と攻略への次なる一手〜微小環境,がん幹細胞,ゲノム変異の統合的理解からがんの“不均一性”に挑む
電子書籍を購入する
実験医学 2013年1月号 Vol.31 No.1

がんのheterogeneityーその解明と攻略への次なる一手

微小環境,がん幹細胞,ゲノム変異の統合的理解からがんの“不均一性”に挑む

  • 藤田恭之,佐谷秀行/企画
  • 定価 2,000円+税
  • 2012年12月発行
  • B5判
  • 127ページ
  • ISBN 978-4-7581-0091-5
  • 販売状況: 注文可能(在庫なし,電子版あり)
  • [SHARE]
  • シェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

がんの本質に迫る概念“不均一性”を総力特集.発生・進展の過程で姿を変え異なる細胞の集合体となったがんの弱点はどこにあるのか?ゲノム変異・がん幹細胞・微小環境など各領域からの最新理解と今後の展望を紹介.

《企画者のことば》

がんは正常細胞の増殖プログラムに異常が生じたために発生する「細胞の病」であることを疑う研究者はいない.しかしがんの本質は,発生あるいは進展の過程でその姿を変えていくことであり,診断がついたときの腫瘍塊は,すでに異なった性質をもった細胞の集合体と化している.こうしたがん組織の不均一性(heterogeneity)は治療を困難にしている最大の障壁であり,heterogeneityが構築されるメカニズムを明らかにしない限り飛躍的に予後を改善する治療の開発は望めない.Heterogeneityという大きな壁に挑むためには,異なった視点でがんの研究を行う者が,その複雑性を直視し,情報を共有し,もてる技術を最大限に駆使して闘う姿勢が今まさに必要となっている.

目次

特集

がんのheterogeneity―その解明と攻略への次なる一手
微小環境,がん幹細胞,ゲノム変異の統合的理解からがんの“不均一性”に挑む
企画/藤田恭之,佐谷秀行
Heterogeneity:がん治療最大の障壁に迫る【藤田恭之/佐谷秀行】
がんは正常細胞の増殖プログラムに異常が生じたために発生する「細胞の病」であることを疑う研究者はいない.しかしがんの本質は,発生あるいは進展の過程でその姿を変えていくことであり,診断がついたときの腫瘍塊は,すでに異なった性質をもった細胞の集合体と化している.こうしたがん組織の不均一性(heterogeneity)は治療を困難にしている最大の障壁であり,heterogeneityが構築されるメカニズムを明らかにしない限り飛躍的に予後を改善する治療の開発は望めない.Heterogeneityという大きな壁に挑むためには,異なった視点でがんの研究を行う者が,その複雑性を直視し,情報を共有し,もてる技術を最大限に駆使して闘う姿勢が今まさに必要となっている.
病理からみたがんのheterogeneityとその源泉【柴田龍弘】
がんの発生・進展はゲノム異常の蓄積過程であり,ゲノム不安定性によってその集団は均一な集団からより複雑で多様な細胞集団へ姿を変えていく.病理像からうかがえるように,幹細胞性から惹起される階層性・微小環境変化への適応などのエピゲノム変化がさらに多様性・不均一性に寄与している.がんの分子的多様性は,情報伝達系のゆらぎや内在性プログラムが起点となり,ゲノム・エピゲノム変化によって遺伝的に継承され,時間の経過や治療などの環境変化に応じて動的に変化していく.こうしたがん多様性の分子機構を解明することで新たな治療法開発が期待される.
がんのheterogeneityと転移【谷内田真一】
膵臓がんは,がんのheterogeneityと転移の研究には理想的な研究対象である.原発巣と転移巣の遺伝子変異のシグネチャーを解析したところ,原発巣内には遺伝子変異の明らかなheterogeneityを認め,転移巣のクローンと類似した遺伝子変異のシグネチャーをもつクローンは原発巣にも存在することがわかった.すなわち,膵臓がんではゲノムの進化は原発巣でほぼ完成し,転移巣の間でみられる遺伝子変異のheterogeneityは,原発巣内でみられる遺伝子変異のheterogeneityに由来する.最近の他臓器がんの研究成果から,これらのheterogeneityやゲノムの進化はがん腫によって異なり,それらがそれぞれのがん腫の自然史を反映していることが明らかになりつつある.
Heterogeneityに潜むエピジェネティック変化【牛島俊和/竹島秀幸】
がんが多発する機構として,一見正常にみえる組織にすでに多くの遺伝子のエピジェネティック異常が蓄積しているepigenetic field cancerizationが重要である.Helicobacter pylori感染による胃炎など特定のタイプの炎症はDNAメチル化異常を強く誘発することが知られ,単球/マクロファージが重要とされる.がん組織でもさまざまなエピジェネティック変化によるがん細胞のheterogeneityが誘発され,上皮間葉転換やがん関連線維芽細胞の形成などを通じてがんの進展に関与する可能性がある.
CD44によって制御されるがん組織の不均一性【永野 修/佐谷秀行】
がん組織は一様の細胞で構成されているのではなく,性質の異なった細胞の集合体であることは疑う余地はない.がん細胞のこのような個性はさまざまな機序によって生み出され,一因的に考えることは難しい.しかし,がん幹細胞を頂点として,さまざまな分化度の細胞がつくられていくプロセスが,がん組織の不均一性を生む重要な原因の1つであると考えられる.本稿では,細胞表面分子CD44の特殊な選択的スプライスフォーム(CD44v)が,がん幹細胞とよばれる細胞の亜集団に多く発現しており,それが未分化ながん幹細胞とそこから派生する非がん幹細胞を機能的に区別する役割をもつことを述べたい.さらにその発現がヒストン修飾に基づくエピジェネティック制御を受けていることから,腫瘍細胞の不均一性は可逆的である可能性についても考察したい.
分子標的薬耐性からみた肺がんのheterogeneity【山田忠明/矢野聖二】
非小細胞肺がんは,近年,EGFRやALKなどのdriver oncogeneを標的とする新たな分子標的薬が臨床応用され,治療転換期を迎えている.しかしながら,薬剤耐性獲得後の最適な治療法の確立はこれまでにさまざまなアプローチが行われているものの満足しうる結果が得られていない.その要因の1つに,分子標的薬の耐性化にかかわるさまざまなheterogeneityの存在が考えられる.本稿では現在までに明らかにされた肺がんにおける薬剤耐性のheterogeneityについて概説する.今後,さらなる治療薬開発の発展と同時に,正確な耐性診断に向けた検査法の発展が期待される.
正常上皮細胞と変異細胞間で生じる細胞競合【梶田美穂子/藤田恭之】
がん発生の初期段階で,新たに生じた変異細胞と周囲の正常上皮細胞の境界で何が起こるのかについては現在のところほとんどわかっていない.哺乳類培養細胞系やin vivoモデルシステムを用いた最近の研究で,正常上皮細胞と変異細胞の細胞間でさまざまな相互作用が起こり,それぞれの細胞のシグナル伝達系や挙動に大きな影響を与えることが明らかになってきた.またその結果,多くの場合,変異細胞が正常細胞層から逸脱することもわかってきた.本稿では,このがん細胞をとりまく新たなheterogeneityに関する最近の知見を紹介する.
がんの多様性の数理【北野宏明】
がんの多様性が,創薬や治療戦略に大きな影響を及ぼすということは広く共有されている.本稿では,その背後にある数理を議論したい.特に,各々の患者のがん細胞における遺伝的多様性の動的な特性の理解は,治療戦略に決定的な影響を与える.つまり,多様性の背後に,ロバストネス・トレードオフや細胞集団のサブグループ構成の変化による進化的最適化など,がんを少しでも制御しようと考える場合に理解することが必須の原理・原則が隠れていると考えられるのである.

特別インタビュー

いま基礎医学研究力を高めるためにできること~MD研究者を育成し,強い研究チームをつくる【清水孝雄】

トピックス

カレントトピックス
ACE2のアミノ酸吸収制御による腸内環境の維持と腸炎の予防【橋本達夫/Josef M. Penninger】
リンパ節に代替臓器をつくる【小森淳二】
哺乳類概日転写制御機構とクロマチンランドスケープ【小池宣也】
免疫受容体CD300aはアポトーシス細胞と結合して肥満細胞を制御する【小田(中橋)ちぐさ/渋谷 彰】
定量生物学の展開【小林徹也】

連載

クローズアップ実験法
TALE nuclease (TALEN) を用いた培養細胞におけるゲノム編集【落合 博/佐久間哲史/松浦伸也/山本 卓】
Bench to Clinic ~研究室と明日の医療をつなぐパイオニアたちの挑戦
がんペプチドワクチンの開発 ~アカデミアからの挑戦【山田 亮/伊東恭悟】
Campus & Conference探訪記
温泉よりもアツいぜ! 次代を担うホープたち ~第13回がん若手研究者ワークショップ【清宮啓之】
ラボレポート ―独立編―
マンハッタンのサンクチュアリにて ―The Rockefeller University【船引宏則】
Opinion ―研究の現場から
研究と社会との橋渡しに向けて【宇田川侑子/関田啓佑/秋元優希】

関連情報

本書中に掲載された広告をご紹介します.より詳細な資料を希望される方は,こちらのページから資料請求いただくことができますので,該当企業にチェックを付け,下記の「資料請求する」をクリックして,資料の送付先をご入力ください.

掲載広告一覧・資料請求

アブカム(株)  [前付16]詳細
岩井化学薬品(株)  [後付10]詳細
サーモフィッシャーサイエンティフィック(株)  [前付9]詳細
セティ・メディカルラボ(株)  [前付2]詳細
(株)ゼネティックス  [後付12]詳細
ソーラボジャパン(株)  [前付8]詳細
ソニー(株)  [表3]詳細
(株)ダイナコム  [後付3]詳細
(株)東京化学同人  [後付2]詳細
(株)トーホー  [前付15]詳細
(株)夏目製作所  [後付13]詳細
日本バイオベース(株)  [後付8]詳細
ニュー・イングランド・バイオラボ・ジャパン(株)  [表2]詳細
(株)パーキンエルマージャパン  [記事中53]詳細
(株)バイオダイナミクス研究所  [前付3]詳細
バイオ・ラッド ラボラトリーズ(株)  [前付5,7]詳細1 2
フナコシ(株)  [記事中94]詳細
プロテノバ(株)  [後付11]詳細
プロメガ(株)  [前付6]詳細
メルク(株)  [前付1,後付8]詳細1 2
横河電機(株)  [表4]詳細
ライフテクノロジーズジャパン(株)  [記事中101]詳細
和光純薬工業(株)  [後付9]詳細
ワトソン(株)  [前付4]詳細
広告代理店
株式会社エー・イー企画
101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-4-4 岩波書店一ツ橋別館4F
TEL 03(3230)2744(代表)/ FAX 03(3230)2479
E-mail:adinfo@aeplan.co.jp URL:http://www.aeplan.co.jp/

購入方法・送料について

本書は全国の羊土社取扱書店にてご購入いただけます.店頭にて見当たらない場合は,下記情報を書店にお伝え下さい.

  • 【本書名】実験医学:がんのheterogeneityーその解明と攻略への次なる一手〜微小環境,がん幹細胞,ゲノム変異の統合的理解からがんの“不均一性”に挑む
  • 【出版社名】羊土社

お近くに取扱書店が無い場合,特に海外でご覧になりたい場合,羊土社HPでのご注文および発送も承っておりますので,下記ご参照のうえ,注文をご検討ください.

羊土社HPでのご注文について

本書を羊土社HPにてご購入いただきますと,本体価格に加えて,送付先・お支払い方法などにより下記の費用がかかります.お手続き等詳細は書籍購入案内のページをご参照ください.

分類 項目 費用
国内 消費税 +160円
送料 +300円
手数料(代引きのみ) +300円
海外 航空便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +680円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +870円
第2地帯(ヨーロッパ) +870円
第3地帯(アフリカ、南米) +1130円
EMS便送料 第1地帯(アジア、グアム、ミッドウェイ等) +1400円
第2地帯(オセアニア、中近東、北米、中米) +2000円
第2地帯(ヨーロッパ) +2200円
第3地帯(アフリカ、南米) +2400円

※この表は本書のみご購入いただいた場合の費用をまとめたものです.他の書籍を同時に購入する場合はお申し込み金額や重量により費用が異なってまいりますのでご注意ください.

海外でご活躍中の皆さまへ 書籍のご購入方法,電子書籍,そのほか役立つ情報をご案内します

こちらの書籍もお勧めいたします

9784758103695
9784758103688
9784758122351
9784758125017
9784758118194
9784758125000
9784758103657

電子専門書店で購入する

本書は,電子専門書店でも販売されています.以下の電子専門書店よりご購入ください.

  • 羊土社HP外のサイトになります
  • ご利用方法は各電子書店でご確認ください
  • Knowledge Worker