実験医学月刊 連載一覧

予防医学の扉を開く 食品に秘められたサイエンス


本連載では食品学分野における,基礎医学にも通じる第一線の研究成果をご紹介いただきます.予防医学を実現する,食品の秘められた力にご注目ください.


食品が育てる腸内フローラ アガロオリゴ糖による腸内環境改善作用
内藤裕二,東村泰希

米から宇宙へ―unloadingによる筋萎縮を克服する
井田くるみ,内田貴之,赤間一仁,二川 健

ビタミンによる脳機能制御
喜田 聡

吸収されてもされなくても―食品ペプチドの生理作用
原 博

栄養の視床下部での感知と糖代謝への作用
井上 啓

アミノ酸による骨格筋機能の制御
亀井康富,畑澤幸乃,三浦進司

フードケミカルエピジェネティクスによる骨粗鬆症予防 紅茶成分テアフラビンがDNAメチル化制御を抑制
西川恵三

褐色脂肪と中年太り―食品から誘導される体熱産生のしくみ
河田照雄

味覚を変えてしまうタンパク質の謎 酸っぱいものが甘くなる?
三坂 巧

緑茶カテキンを感知するしくみを知り,活かす
立花宏文

レドックスバイオロジーから見た食品と生体防御反応
内田浩二

食べることが動くことに─食品が代替できる運動機能の可能性
佐藤隆一郎