News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

新たなゲノム編集技術「CRISPR/Cas」

京都大学大学院医学研究科 真下知士

ストゲノム時代において,遺伝子を自由に破壊,挿入,変異導入することができる「ゲノム編集技術」が注目されている().ZFN(ジンクフィンガーヌクレアーゼ)やTALEN(TALエフェクターヌクレアーゼ)とよばれるゲノム編集技術を使って,iPS細胞やさまざまな動物細胞,植物やマウス,ラット,ブタなどの動物の遺伝子を自由に編集することができるため,遺伝子機能の解析研究だけでなく,農作物の品種改良,ヒト疾患モデル動物の

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2013年4月号 Vol.31 No.6
骨代謝ー「見えざる手」が制御する骨破壊と骨形成
リウマチ・骨粗鬆症の発症機構と分子標的治療

田中 栄/企画