News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

再び輝き出した近赤外蛍光プローブ開発の世界

東京大学大学院医学系研究科/梅澤啓太郎

赤外領域 (とりわけ650〜900 nm) に発光特性をもつ蛍光プローブは,細胞内物質のマルチカラーイメージングや,組織から生体スケールでのin vivoイメージングを可能とするツールとして,大きく注目されている.しかしながら,その高まる需要に対して,いまだに優れた光学特性(高輝度,高い光耐久性など)を有する近赤外蛍光プローブは少なく,蛍光タンパク質,蛍光小分子プローブなどさまざまな方面からの

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2014年1月号 Vol.32 No.1
再生できる・できない生物 その差から挑む三次元再生と再生医療

田村宏治,阿形清和/企画