News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

シークエンス技術の進歩がもたらした頭蓋骨研究の新たな幕開け

ロチェスター大学 丸山顕潤

生児の頭蓋骨は2.4mm(周径)/週という非常に早いスピードで成長する.これは急速な脳の発達に合わせ頭蓋骨が成長しているためである.頭蓋骨縫合(suture)は頭蓋骨を構成する骨と骨の間にある組織であり,頭蓋骨の成長に必須である.Sutureを構成するのは未分化の間葉系細胞と骨を作る骨芽細胞であり,①未分化の状態を保ちつつ,②一方で骨の周りに骨芽細胞を供給し頭蓋骨を成長させる,という役割を

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2014年4月号 Vol.32 No.6
生殖細胞―全能性を獲得し,世代を紡ぐサイクル
ゲノム・エピゲノム再編成とそのin vitro再構成を目指して

斎藤通紀/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート