News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

酢酸は多能性幹細胞やがん細胞の栄養源!?

金沢大学がん進展制御研究所 河野 晋

等生物においては,グルコースが正常状態のエネルギー代謝の主役である.一方,長期飢餓状態では,肝臓における脂肪酸分解によって,ケトン体に加えて「酢酸」が血中に放出される.酢酸は,末梢組織で利用されることから,緊急時の栄養源であると認識されてきた.しかし近年,iPS細胞が,グルコース利用の亢進と同時に,多量の酢酸を蓄積することが観察されており(Folmes CD, et al:Cell Metab, 14:264-271, 2011),正常時でも酢酸が利用されると推測された.ヘブル大のMoussaieff,Nahmiasらの研究グループは,早期分化状態のES細胞における代謝ダイナミクスを解析し,酢酸が2型アセチルCoA合成酵素(ACSS2)を介し細胞内で利用されていることを報告した(Moussaieff A, et al:Cell Metab, 21:392-402, 2015).

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2015年6月号 Vol.33 No.9
脳神経回路リモデリング
ヒトの個性と心の根源への挑戦

榎本和生/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート