News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

ヒトのたおやかな知性を生んだ分子進化に迫る

理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター 工樂樹洋

脳新皮質の肥大化は何に起因したのであろうか? この問いにオミクスアプローチで迫った研究が発表された(Reilly SK, et al:Science, 347:1155-1159, 2015).かつて,オペロン説で知られるF. Jacobは,“tinkering”(鋳掛け)という言葉を用い,新形質獲得の背後に既存の部品の使い回しがあったはずだと主張した(Jacob F:Science, 196:1161-1166, 1977).

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2015年6月号 Vol.33 No.9
脳神経回路リモデリング
ヒトの個性と心の根源への挑戦

榎本和生/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート