News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

天然変性タンパク質のリン酸化依存フォールディング

東京工業大学大学院生命理工学研究科 田口英樹

ンパク質の立体構造がアミノ酸配列にしたがって一義に決まるという古典的なタンパク質観(Anfinsenワールド)はさまざまな概念の登場によって揺さぶられている.シャペロンにより,細胞内でのタンパク質フォールディングは必ずしも自発的ではないという考え方が広まり,プリオン/アミロイドによりAnfinsenワールドで完成する天然構造が唯一安定な立体構造ではない場合があることがわかってきた.さらに,天然変性タンパク質(intrinsically disordered proteins:IDP)の概念の登場により,真核生物タンパク質の無視できない割合(バイオインフォマティクスによると全タンパク質の数十%にも及ぶらしい)が,自分自身のアミノ酸配列だけでは特定の立体構造を取らないことがわかりつつある.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2015年6月号 Vol.33 No.9
脳神経回路リモデリング
ヒトの個性と心の根源への挑戦

榎本和生/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート