News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

百聞は一見に如かず―長鎖ノンコーディングRNAの作業現場

理化学研究所 中川真一

母においては,特定のタンパク質遺伝子のアンチセンス鎖,もしくはプロモーター領域から転写される長鎖ノンコーディングRNA(lncRNA)が,そのタンパク質遺伝子の発現を制御する例が複数知られている.しかしながら,具体的な作用メカニズムやlncRNAの動態については不明な点が多い.今回,米国NIHのDaniel Larsonらのグループは,ガラクトース代謝にかかわるGAL10のmRNA(sGal10),およびそのアンチセンス鎖から転写されるlncRNA(asGal10)を可視化してライブイメージングを行い,asGal10は,非誘導時におけるsGAL10転写の「もれ」を抑制していることを明らかにした.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

2016年2月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年2月号 Vol.34 No.3
発見から100余年 Notchシグナルの新世紀
発生・再生から、がん・代謝性疾患まで拡がる舞台

山本慎也,森本 充/企画
サイドメニュー開く

TOP