News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

多彩な役割のペア,CLEC-2とポドプラニン

山梨大学大学院総合研究部 医学域臨床検査医学 井上克枝

小板活性化受容体C-type lectin-like receptor 2(CLEC-2)は,血小板活性化蛇毒,ロドサイチンの受容体として同定されたが,生体内ではポドプラニンという膜タンパク質と結合して血小板を活性化する.ポドプラニンとCLEC-2の結合はさまざまな病態生理学的役割をもつ.ポドプラニンは扁平上皮がんの一部,セミノーマ,中皮腫などに発現し,血中で血小板を活性化することで自身の血行性転移を促進する.ポドプラニンはリンパ管内皮にも発現し,CLEC-2欠損マウスはリンパ管と血管の分離不全により,血液の流入したリンパ管が認められる.リンパ節では,リンパ節の構造を保つ細網細胞のポドプラニンに,高内皮静脈よりわずかに漏出した血小板が CLEC-2を介して結合し,高内皮静脈のintegrity(統合性)を保つという.CLEC-2はヒトでは血小板・巨核球にほぼ特異的に発現しているが,マウスでは好中球や樹状細胞にも発現している.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2016年8月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年8月号 Vol.34 No.13
感染症を“侵入口”で討つ ヒト粘膜免疫と粘膜ワクチン
免疫賦活の独自のシステムは新しいワクチンを生み出すか?

長谷川秀樹/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート