News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

ヒト胚が子宮に着床した後の挙動を体外で再現する

宮崎大学 テニュアトラック推進機構 本多 新

「親はなくとも子は育つ」仮に実の親がいなくても,子どもは周囲の温かな人とのふれあいにより自分自身で健全に成長するものであるということわざである.このことわざを想起させる研究成果が発表された.(Deglincerti A, et al:Nature, 533:251-254, 2016)によると,どうやらヒトの胚は環境さえ整えてあげれば,着床直後(受精後1週間程度)ですでに母親(胎盤)の助けがなくても,胚自身の力である程度までは正常に発生するらしい.

ヒト胚(特に着床後)の解析は倫理的に難易度が高く謎が多い.そこで筆者らは, .....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2016年8月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年8月号 Vol.34 No.13
感染症を“侵入口”で討つ ヒト粘膜免疫と粘膜ワクチン
免疫賦活の独自のシステムは新しいワクチンを生み出すか?

長谷川秀樹/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート