News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

細胞外イオン組成の変化による睡眠覚醒の制御

東邦大学理学研究科 上野太郎

眠と覚醒はさまざまな神経伝達物質(ノルエピネフリン,ドーパミン,アセチルコリン,ヒスタミン,オレキシンなど)によって制御される.それら神経伝達物質による神経活動への影響や,関与する神経回路の同定が進む一方で,睡眠や覚醒という脳状態をどのようにしてつくり出すのかについては未解明であった.近年,睡眠中に細胞外空間の拡大が起こり,覚醒中の代謝産物が脳外に運び出されることが睡眠の機能の一端であることが報告された(Xie L, et al:Science, 342:373-377, 2013).蛍光物質の脳脊髄液への注入と,二光子顕微鏡での観察により, .....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2016年8月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年8月号 Vol.34 No.13
感染症を“侵入口”で討つ ヒト粘膜免疫と粘膜ワクチン
免疫賦活の独自のシステムは新しいワクチンを生み出すか?

長谷川秀樹/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート