News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

メラトニンは夜間のインスリン分泌を抑制する

徳島大学糖尿病臨床・研究開発センター 田蒔基行

ラトニンは網膜への光刺激が遮断されることにより松果体から分泌され,体内時計を調節するホルモンである.少し意外なことにこのメラトニンの受容体遺伝子,メラトニン受容体1B(MTNR1B)近傍のSNP(single nucleotide polymorphism)である,rs1387153とrs10830963は,GWAS(genome wide association study)にて2型糖尿病疾患感受性遺伝子であることが指摘されている(Prokopenko I, et al:Nat Genet, 41:77-81, 2009/Bouatia-Naji N, et al:Nat Genet, 41:89-94, 2009).しかしながら,これまでの研究ではMTNR1BのG24E変異では体重増加傾向となるものの空腹時血糖は低下することが報告され,メラトニン受容体が糖代謝に与えるメカニズムは不明であった(Andersson EA, et al:Diabetes, 59:1539-1548, 2010).

今回,MTNR1B近傍のSNP rs10830963は受容体発現を増加させ, .....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2016年8月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2016年8月号 Vol.34 No.13
感染症を“侵入口”で討つ ヒト粘膜免疫と粘膜ワクチン
免疫賦活の独自のシステムは新しいワクチンを生み出すか?

長谷川秀樹/企画

新刊・近刊  一覧

エピジェネティクス実験スタンダード
遺伝医学
実験医学増刊 Vol.35 No.7 生体バリア 粘膜や皮膚を舞台とした健康と疾患のダイナミクス
行動しながら考えよう 研究者の問題解決術
Rとグラフで実感する生命科学のための統計入門
実験医学増刊 Vol.35 No.5 数理モデル
実験で使うとこだけ生物統計1 キホンのキ 改訂版
実験で使うとこだけ生物統計2 キホンのホン 改訂版
演習で学ぶ生命科学 第2版
糖尿病 研究の“いま”と治療の“これから”
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍

用語解説

バイオキーワード集 新着 (5/16更新)

プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート