News & Hot Paper Digest
トピックス

コカインによる神経回路の変化を一網打尽にとらえる

東京大学大学院農学生命科学研究科 宮道和成

の神経回路は成熟,経験,学習,老化,疾患などの要因によって刻々と変化する.この変化には,シナプス強度の一過的な増減もあれば,シナプスの消滅や形成を伴う長期的な構造の変化もあり,これらは脳の持つ可塑性の基盤であると考えられている.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年3月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年3月号 Vol.36 No.4
再発見!MYCの多機能性
グローバル転写因子として見直される古典的がん遺伝子

奥田晶彦/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート