News & Hot Paper Digest
トピックス

がんワクチンは温めて

ハーバード大学/マサチューセッツ総合病院 柏木 哲

年のがん免疫療法の長足の進歩には目を見張るものがあるが,その一つとして樹状細胞ワクチンの有効性が報告されており,がん免疫の司令塔を直接操作できる方法として期待がかかっていたが,体外での樹状細胞の調製に膨大な費用と労力を要することや,投与後リンパ組織に十分移行しないなどの問題から,今のところ効果は限定されたものとなっている.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年3月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年3月号 Vol.36 No.4
再発見!MYCの多機能性
グローバル転写因子として見直される古典的がん遺伝子

奥田晶彦/企画

新刊・近刊  一覧

再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞
患者由来がんモデルを用いたがん研究実践ガイド
決定版 阻害剤・活性化剤ハンドブック
脂質解析ハンドブック
AIとがん研究 その妥当性、有効性
発光イメージング実験ガイド
がん免疫療法の個別化を支える新・腫瘍免疫学
もっとよくわかる!腸内細菌叢
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート