News & Hot Paper Digest
トピックス

がんワクチンは温めて

ハーバード大学/マサチューセッツ総合病院 柏木 哲

年のがん免疫療法の長足の進歩には目を見張るものがあるが,その一つとして樹状細胞ワクチンの有効性が報告されており,がん免疫の司令塔を直接操作できる方法として期待がかかっていたが,体外での樹状細胞の調製に膨大な費用と労力を要することや,投与後リンパ組織に十分移行しないなどの問題から,今のところ効果は限定されたものとなっている.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2018年3月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2018年3月号 Vol.36 No.4
再発見!MYCの多機能性
グローバル転写因子として見直される古典的がん遺伝子

奥田晶彦/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート