News & Hot Paper Digest
トピックス

ヘテロクロマチン形成の分子機構ーヌクレオソームコアの柔軟性と相分離

埼玉医科大学ゲノム医学研究センター 黒川理樹

テロクロマチンはヒストンとDNAが高度に凝集した複合体であり,遺伝子制御と染色体の物質的な基礎を担っている.哺乳類のheterochromatin protein 1(HP1)は,メチル化されたヒストンに結合して,ヘテロクロマチン形成に必須な役割を果たす.このHP1ファミリーに属するSwi6はHP1の分裂酵母ホモログで,chromodomain(CD)とchromoshadow domain(CSD)を有している .....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2020年3月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2020年3月号 Vol.38 No.4
GWASで複雑形質を解くぞ!
多因子疾患・形質のバイオロジーに挑む次世代のゲノム医科学

鎌谷洋一郎/企画
サイドメニュー開く

TOP