News & Hot Paper Digest
トピックス

成人膵島の内分泌前駆細胞を発見―Procr陽性細胞からロバストなマウス膵島オルガノイドを作成

徳島大学先端酵素学研究所糖尿病臨床・研究開発センター/たまき青空病院糖尿病・内分泌内科 田蒔基行

尿病はインスリン分泌が不足するために血糖値が上昇する疾患である.インスリンが十分に分泌されていれば,食べ過ぎても太るだけで血糖値が著しく上昇するリスクは低い.一方で免疫異常によりインスリン分泌が枯渇する1型糖尿病や,遺伝や膵疾患でインスリン分泌が高度に低下した症例では,高血糖が遷延し,失明や腎不全などの合併症をきたす.インスリンを産生する膵β細胞は,他内分泌細胞とともに膵島という細胞集塊を形成し,60〜100gの膵臓内のおよそ1%,全身で1g未満程度存在する.患者数の多さや,全身に占める細胞量の少なさから糖尿病は再生医療の領域で常に注目を集めているが,これまでに機能性と持続性をあわせもった膵島を作成することは困難であった.

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

2021年2月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2021年2月号 Vol.39 No.3
治療の概念が変わる かゆみのサイエンス
その理解から皮膚炎の悪循環を断ち切れ

入江浩之,椛島健治/企画
サイドメニュー開く

TOP