News & Hot Paper Digest
トピックス

光技術で明らかになった樹状突起スパインの新たな機能

京都大学大学院生命科学研究科 坂本雅行

くのニューロンは,神経伝達物質を放出する軸索と,これらを受けとる樹状突起の間で形成されるシナプスを介して情報のやりとりを行っている.このうち興奮性シナプスは,樹状突起スパインとよばれる1 μm以下の小さなトゲ状の構造上に形成される

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社会員」のご登録が必要です.

DOI:10.18958/7013-00004-0000132-00

2022年5月号掲載

本記事の掲載号

実験医学 2022年5月号 Vol.40 No.8
腎疾患の分子標的を探れ
代謝・ストレス応答・線維化を鍵とした病態解明

南学正臣/企画
サイドメニュー開く

TOP