News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

重度知的障害症例の診断的なエキソーム解析

横浜市立大学大学院医学研究科遺伝学 宮武聡子,松本直通

世代シークエンサーは今や遺伝医学におけるスタンダードなゲノム解析手法と位置づけられる.エキソンキャプチャー技術を併用すれば,ヒト疾患責任遺伝子を効率よく同定することができ,遺伝学的背景が想定される小家系や,de novoの変異が想定される孤発例における責任遺伝子の同定も可能となった.最近では,研究に限定せず臨床医学への応用もはじまっている.紹介する論文(de Ligt, J. et al.:N. Engl. J. Med., 367:1921-1929, 2012)も

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2013年2月号 Vol.31 No.3
構造から創薬に向かうGPCR研究
シグナルを呼び起こす,そのダイナミクス

小笹 徹/企画