News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

SINE B2配列をもつ長鎖ノンコーディングRNAによる翻訳制御

理化学研究所 中川真一

等真核生物においては,ゲノムにコードされたタンパク質遺伝子のアンチセンス(AS)鎖から,しばしば長鎖ノンコーディングRNA(lncRNA)が転写されている.それらの機能については長らく不明であったが,今回,イタリアのSISSA研究所のGustincichらのグループは,AS-lncRNAでレトロトランスポゾンのSINE B2配列を含むものが,センス鎖にコードされたタンパク質の翻訳を促進するという,にわかには信じがたい驚くべき報告をしている

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2013年2月号 Vol.31 No.3
構造から創薬に向かうGPCR研究
シグナルを呼び起こす,そのダイナミクス

小笹 徹/企画