News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

血管新生阻害剤の処理がひき起こす腫瘍内代謝の変化

金沢大学がん進展制御研究所 佐々木信成

形がんが増大する際には,必要な酸素や栄養分を供給するために,新たな血管を腫瘍へと引き込む 「腫瘍血管新生」 が誘導される.がん細胞に必要な物資を運ぶこの供給路の形成を遮断することで,腫瘍を兵糧攻めにするというコンセプトのもと,抗VEGF抗体やVEGF受容体に対する阻害剤が血管新生阻害剤として開発されてきた.これらの薬剤は,腎がんをはじめ種々の腫瘍に対して有用性は示すものの,投与を続けると次第に

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2014年11月号 Vol.32 No.18
化学感覚と脳
見えてきた匂い・味・フェロモンの神経回路

東原和成/企画

新刊・近刊  一覧

新時代が始まったアレルギー疾患研究
もっとよくわかる!炎症と疾患
臓器連環による生体恒常性の破綻と疾患
決定版 オルガノイド実験スタンダード
Rをはじめよう生命科学のためのRStudio入門
心不全のサイエンス
ゲノム研究用・診療用病理組織検体取扱い規程
カエル教える 生物統計コンサルテーション
現代生命科学 第2版
腸内細菌叢 健康と疾患を制御するエコシステム
研究者・留学生のためのアメリカビザ取得完全マニュアル
イメージングの選び方・使い方100+
はじめてでもできてしまう科学英語プレゼン
教科書を書き換えろ!染色体の新常識
動き始めた がんゲノム医療
あなたのタンパク質精製、大丈夫ですか?
脳神経回路と高次脳機能
細胞・組織染色の達人
脂質クオリティ
実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート