News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

あの好中球が,炎症抑制・沈静化に大切!?

大阪大学大学院医学系研究科 熊ノ郷 淳

風は,尿酸結晶に対する急性の炎症反応と好中球の集積を特徴とする関節炎である.強い痛みを伴う急性期の炎症は数日で自然に軽快するが,軽快後も尿酸結晶は滑液や病変組織に残存・蓄積し,発作をくり返して慢性化すると,組織に沈着した結晶が肉芽腫組織を形成し痛風結節をつくる.痛風の急性期には,好中球の遊走阻害を目的に微小管重合阻害剤であるコルヒチンが使われてきた.このように,好中球は炎症を促進する典型的な免疫担当細胞と考えられてきたが,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2014年11月号 Vol.32 No.18
化学感覚と脳
見えてきた匂い・味・フェロモンの神経回路

東原和成/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート