News & Hot Paper Digest
  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピックス

大腸菌の転写バースト現象はDNA超らせん構造の蓄積と解消によって起こる

横浜市立大学大学院生命医科学研究科 古久保哲朗

年さまざまな生物種において,転写は連続的ではなく間欠的に起こることが明らかにされつつある1).この現象は転写バーストとよばれ,遺伝子発現におけるノイズ(同一環境下における細胞ごとの遺伝子発現量の違い)の主な原因と考えられている1).また真核細胞の場合,本現象にはクロマチンの構造状態の変化が寄与するとされているが,その分子機構については不明な点が多い.今回X.S.Xieらのグループは,

.....

本コンテンツの続きをご覧いただくためには「羊土社HP会員」のご登録が必要です.

同号掲載の記事

TOP

本記事の掲載号

実験医学 2014年11月号 Vol.32 No.18
化学感覚と脳
見えてきた匂い・味・フェロモンの神経回路

東原和成/企画

新刊・近刊  一覧

iPS細胞のいま
生理学・生化学につながる ていねいな化学
シングルセルゲノミクス
完全版 ゲノム編集実験スタンダード
RNA-Seqデータ解析 WETラボのための鉄板レシピ
撃ち落とされたエイズの巨星
がん免疫の効果を左右する 腫瘍血管と免疫環境
再定義されるタンパク質の常識
脳の半分を占める グリア細胞

人材・セミナー  一覧

実験医学 電子バックナンバー発売中
羊土社の電子書籍
プライマリケアと救急を中心とした総合誌 レジデントノート
Gノート