実験医学月刊 連載一覧

CURRENT TOPICS

連載一覧 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001

EMX2による大脳皮質領野のサイズと位置の制御
浜崎 禎
Apollonの細胞死制御機構と生理機能
内藤幹彦/Hao Yanyan/鶴尾 隆
Tie2/Angiopoietin-1シグナルによる造血幹細胞の静止状態の制御
新井文用/平尾 敦/須田年生

われわれの体の設計図はDay0で決まっているのだろうか?
柊 卓志
低酸素応答におけるユビキチンリガーゼSiah2によるプロリン水酸化酵素PHDの制御
中山 恒/Ze'ev Ronai
RGMとneogeninによる細胞生存調節機構
松永英治/Alain Chedotal
p53ファミリーは“三人寄れば文殊の知恵”を生み出すか?
妹尾 誠

酸化ストレスにより転写因子Bach2はPMLボディ周辺の遺伝子発現を特異的に抑制する
田代 聡/五十嵐和彦
神経幹細胞の運命を制御するNotch-Hes経路とJAK-STAT3経路のクロストーク
鎌倉幸子/吉松剛志/後藤由季子
LARGEによるジストログリカンの翻訳後修飾と先天性筋ジストロフィー
金川 基/Kevin P. Campbell

SIR2は姉妹染色分体間結合を介してリボソームRNA遺伝子を安定化している
小林武彦
Cnot7はRXRβと協調し,精子形成に必須の役割を果たす
中村能久/山本 雅
アポトーシス細胞の貪食障害と自己免疫疾患
華山力成/田中正人/長田重一
ゼブラフィッシュの上皮-間葉転換を制御するZincトランスポーターLIV1の同定
山下 晋/宮城智恵美/平野俊夫

PAR-3-KIF3複合体による神経細胞の極性形成機構
西村隆史/加藤勝洋/貝淵弘三
ITAMを介した共刺激シグナルとRANKLによる骨代謝の維持機構
高柳 広
RISCにはArmitageが必要である
泊 幸秀
酵母プリオンを用いた“タンパク質オンリー仮説”の最終証明
田中元雅

プロテインスプライシングの発見,そして複雑になるプロテオーム
花田賢一
成人脳内の神経幹細胞でニューロン新生の分化決定を促すsmall modulatory RNA
桑原知子
MKK7のストレス応答によるG2/M期進行,細胞老化抑止の制御
和田悌司/仁科博史/堅田利明/Josef M. Penninger
Lamr1の機能性レトロポゾンはマウス右室心筋変性症を引き起こす
右室心筋変性症責任遺伝子のポジショナルクローニングとその機能解析
朝野仁裕/高島成二

小胞体ストレスやアルツハイマー病におけるPKRのリン酸化の役割
大貫玲子/板東良雄/遠山正彌/多比良和誠
しなやかな刷り込み型X染色体の不活性化
岡本郁弘/Edith Heard
ADAMプロテアーゼの糖鎖修飾が器官形成に必須の役割を果たす
久保田幸彦/西脇清二
Zap70遺伝子の変異による胸腺T細胞選択の変化はマウスに自己免疫性関節炎を引き起こす
坂口教子/坂口志文

保存された動原体タンパク質シュゴシン(守護神)は減数分裂において姉妹動原体間の接着を保護する
北島智也/渡辺嘉典
Wntシグナルの活性化によるヒトおよびマウスES細胞の未分化状態の維持
佐藤 昇
膜脂質セラミドを輸送する分子装置:CERTの発見
花田賢太郎
肝の糖新生系酵素の発現調節と個体レベルでの耐糖能制御におけるSTAT3の重要性
井上 啓/小川 渉/尾崎倫孝/春日雅人
ヒストン脱アセチル化酵素の意外な役割-アグリゾームの形成と細胞死の抑制
川口禎晴/Jeffrey J. Kovacs/Tso-Pang Yao

Notchシグナリングは細胞外Ca2+センサーとして働き,左右非対称性を決定する
川上泰彦
マウス嗅覚系における1神経・1受容体ルール
芹沢 尚/宮道和成/坂野 仁
キネシンは本当に歩くか
片足を怪我した分子モータータンパク質の運動素過程の観察
加世田国与士/樋口秀男/広瀬恵子

自己免疫糖尿病改善時における膵島再生機構
自己免疫糖尿病(NOD)モデルマウスを用いたI型糖尿病の治療
小玉正太
プロテアソーム依存性タンパク質分解によるサルモネラ病原因子活性の経時的制御
久堀智子
hUPF1のリン酸化と脱リン酸化によるmRNA監視複合体リモデリング
山下暁朗/鹿島 勲/大野茂男

染色体構築における2つのコンデンシン複合体の役割
小野教夫/Ana Losada/平野美智子/Michael P. Myers/Andrew F. Neuwald/平野達也
NOはNSFのS-ニトロシル化によりエキソサイトーシスを制御する
松下健二
Inside-outシグナル共通の最終ステップとしてtalinがインテグリンを活性化させる
田所誠司
TSH(サイロトロピン)の骨組織への作用
阿部悦子
キネシンKIF21Aの変異による先天外眼筋線維症1型(CFEOM1)
山田浩喜

TOF1とMRC1-複製フォークの安全運航装置
白髭克彦/加藤由起
ヒストンH1.2:DNA二重鎖切断によるアポトーシスを誘導する
小西昭充/清水重臣/辻本賀英
Hirschsprung病と消化管神経堤幹細胞の機能欠損
岩下寿秀/Sean J Morrison