実験医学月刊 連載一覧

CURRENT TOPICS

連載一覧 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 

クローン胚ではヒストンメチル化依存的なゲノムインプリンティングが破綻している
的場章悟,小倉淳郎,Yi Zhang

前がん細胞が正常細胞の領地へ拡大して占拠するしくみ
坪井有寿,藤本仰一

記憶B細胞のリコール応答を制御するサイトカインの発見
北村大介

がん細胞はワサビ受容体を発現することで酸化ストレス耐性を亢進させている
高橋重成

平滑筋と軟骨による管腔臓器の長さと太さの段階的な調節
岸本圭史,森本 充

自己組織化により生じる多細胞からなる構造を人工的に作製する
戸田 聡,Leonardo Morsut,Wendell A. Lim

血中インスリン濃度パターンによる肝臓シグナル分子の選択的制御
久保田浩行,黒田真也

Spred1は高脂肪食によるストレスから造血幹細胞を守る
田所優子,平尾 敦

サルモネラ感染による核内RNA分解複合体の崩壊と核内非コードRNAの蓄積
今村亮俊,秋光信佳

昆虫の共生細菌がもつ雄殺し毒素の発見
春本敏之

木構造グラフを利用したクライオ電子顕微鏡データからのタンパク質立体構造のモデリング方法
寺師玄記,木原大亮

遺伝性神経疾患におけるグアニン四重鎖の関与
塩田倫史,福永浩司

CRMP2結合化合物による脳損傷後機能回復の促進
實木 亨,高橋琢哉

TGF-βシグナルの主要転写因子SMAD2/3によるコファクター選択機構
宮園健一,田之倉 優

多発性骨腫の炎症性微小環境におけるIL-18の役割
中村恭平

核内輸送受容体の知られざる働き
吉澤拓也

食物からのメチオニンに由来するSAMが司る腸の調和的な恒常性維持機構
津田(櫻井)香代子,小幡史明,三浦正幸

ヒストンメチル化酵素SETD1Aによる触媒作用を介さない遺伝子発現制御機構の同定
星居孝之

家族性てんかんの原因として同定されたイントロンのTTTCAおよび TTTTAリピート伸長変異
石浦浩之,辻 省次

移動ニューロンへのシナプス伝達が放射状神経細胞移動を制御する
丸山千秋,前田信明

脂質二重層間のリン脂質の移動(フリップ―フロップ)による細胞膜の変形
申 惠媛

コンピューターシミュレーションによる幹細胞状態遷移の予測
谷内江綾子

活性化CD8+T細胞から放出されるエクソソームはがん間質の間葉系細胞に働きかけ,がんの進行を抑制する
瀬尾尚宏,珠玖 洋

細胞極性,Patronin,微小管ネットワークによる上皮折りたたみ形成機構
武田美智子,Mustafa M. Sami,Yu-Chiun Wang

FoxO転写因子はオートファジーやプロテオグリカン4調節を介して軟骨の恒常性や変形性関節症を制御する
松﨑時夫,Martin K. Lotz

多発性硬化症において,血中のエクソソームが制御性T細胞の分化 を抑制する
木村公俊,北條浩彦,山村 隆

狙ったDNA塩基を直接変換,細菌ゲノムの高効率点変異・多重改 変技術
寺本 潤,坂野聡美,西田敬二

通性化学合成独立栄養好熱細菌における可逆的な始原的TCA回路の発見
布浦拓郎,力石嘉人,跡見晴幸

“Sit down and be quiet”
久保庭雅恵,坂中哲人,天野敦雄

コラーゲン線維はYAP/TAZ活性を誘導し成体腸管上皮細胞の胎仔性獲得を促進する
油井史郎,中村哲也,渡辺 守,Stefano Piccolo, Kim Jensen

ヒト栄養膜幹細胞の樹立
ヒト栄養膜幹細胞の樹立

抗がん剤をがん周囲に滞留させて副作用を下げ,抗がん活性を上げる
石原 純,石原亜香,Jeffrey A. Hubbell

翻訳途上の新生ポリペプチド鎖が引き起こすリボソームの不安定化とその生理的意義
茶谷悠平,千葉志信,伊藤維昭,田口英樹

M期細胞の「硬さ」に必要な疾患関連遺伝子は?
豊田雄介

シグナルタンパク質の物理的な動きを利用して,非免疫細胞に特定の細胞を感知・殺傷させる
小嶋良輔,Martin Fussenegger

抑制化受容体を標的とした熱帯熱マラリア原虫による免疫逃避機構
齋藤史路,平安恒幸,荒瀬 尚

Low-complexity配列が引き起こす膜をもたない細胞内構造体の形成
加藤昌人

ヒト多能性幹細胞を用いた人工腸管グラフトの作製
北野健太郎,Harald C. Ott

神経細胞特異的メチル化解析から明らかになったアルツハイマー病におけるDNA修復の障害
間野達雄,岩田 淳

精密高分子設計を基盤としたウイルスを用いないゲノム編集治療
内田智士,片岡一則

内耳の特殊な電位環境を維持するしくみ
任 書晃,倉智嘉久,日比野 浩

染色体構造の形成をつかさどる分子モーター:コンデンシン
寺川 剛

老化・寿命マーカーとしてのDNAメチル化
前川真治,Jean-Pierre J. Issa

霊長類を用いたパーキンソン病に対する細胞移植治療の非臨床試験
菊地哲広,髙橋 淳

RNAポリメラーゼⅡ転写伸長複合体の分子構造
江原晴彦,関根俊一

コンデンシンはクロマチン動態を制御して分裂期染色体を形成する
角井康貢

上皮細胞の増殖抑制機構
山下和成,田村-古川 可奈,大野茂男

霊長類が物体の価値を判断するメカニズムを光遺伝学により解明
田村啓太

サイドメニュー開く

TOP