実験医学月刊 連載一覧

CURRENT TOPICS

連載一覧 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 

始原生殖細胞の代謝特性変換は分化,再プログラム化を制御する
林 陽平
OPA1とカルジオリピンの一方向性の働きによるミトコンドリア融合の分子基盤の解明
伴 匡人,石原直忠
細菌感染はTLR4-TRIF自然免疫シグナルを介して造血幹細胞にストレスを与え,自己複製能を障害する
滝澤 仁
アクトミオシンの活性制御異常が細胞核の変形および染色体の不安定化を引き起こす
高木 亨,Erik Sahai,Mark Petronczki

ヒト初期発生における生殖細胞の発生機構
小林俊寛,Ramiro Alberio,Azim M Surani
成体のマウスにおいて心筋細胞の増殖が抑制されるしくみ
森川雪香,James F.Martin
脊髄損傷後のアストロサイト瘢痕形成の誘導機構
原 正光,岡田誠司
マウスのオスフェロモンESP1がメスの性行動を促進するための専用の神経回路
石井健太郎,宮道和成,東原和成

ヒト多能性幹細胞から造血幹・前駆細胞の誘導
杉村竜一
はじめて解像された膜タンパク質とリン脂質の相互作用のダイナミクス
乗松良行,豊島 近
水を感知する味覚受容機構の解明
Dhruv Zocchi,市木貴子,岡 勇輝
IgA産生と腸内細菌叢の多様性を制御するM細胞誘導細胞の発見
永島一樹,高柳 広

オーバーラッピングダイヌクレオソームの立体構造と形成機構
胡桃坂仁志,加藤大貴,越阪部晃永
多能性幹細胞における,標的CpGアイランドへの新規DNAメチル化誘導
高橋悠太,Juan Carlos Izpisua Belmonte
脳梗塞後の無菌的炎症とその収束のメカニズム
七田 崇,吉村昭彦
シミュレーションによるゴルジ体の自己組織化的な形成過程
立川正志,望月敦史

細胞質流動が自発的に流れの方向をそろえるしくみ,逆転させるしくみ
木村健二,高木 潤,庭山律哉,島本勇太,内田誠一,木村 暁
代償性の膵β細胞増殖を促進するFoxM1/PLK1/CENP-A経路の同定
白川 純,Rohit N. Kulkarni
ペルオキシソームはハイブリッドオルガネラだった!?
杉浦 歩,Sevan Mattie,Julien Prudent,Heidi McBride
急性ストレスによる腎虚血再灌流障害の軽減効果には延髄C1ニューロンが関与する
安部 力,井上 剛,Patrice G. Guyenet

ロタウイルスにおけるリバースジェネティクス法の確立
金井祐太,小林 剛
生殖細胞の発生と腫瘍化抑制に働く新たなmRNA制御機構
山路剛史,Markus Hafner,Thomas Tuschl
抗HIV-1中和抗体を用いた免疫治療の開発
西村佳哲
一時的な区画化によりレプリケーターRNAの新たな機能は創発しうる
松村茂祥

X線自由電子レーザーによるタンパク質構造変化の動画撮影
南後恵理子,岩田 想
アトピー性皮膚炎では常在細菌による黄色ブドウ球菌の排除能が低下している常在細菌の自家移植によりその機能は回復できるのか
仲辻晃明
疾患特異的マクロファージの機能的多様性と分化メカニズム
佐藤 荘
個々の記憶どうしをつなぐ神経細胞集団のメカニズム
横瀬 淳,井ノ口 馨

Cre-loxPシステムを用いたゲノムの光操作技術
佐藤守俊
体内時計によるADAR2を介したリズミックなA-to-I RNA編集はRNAリズムを制御する
寺嶋秀騎,深田吉孝
Hippo経路の阻害は腫瘍免疫を増強することにより腫瘍を破壊する
諸石寿朗
異種キメラ体内に多能性幹細胞由来の機能的な膵島を作製
佐藤秀征,山口智之,中内啓光
呼吸のパターンはメカノセンサータンパク質Piezo2により調節される
野々村恵子,Ardem Patapoutian

補助サブユニットの活用による創薬 前脳特異的なAMPA受容体阻害剤の発見による副作用の少ないてんかん抑制
加藤明彦
植物の防御機構の新しい一面 糖トランスポーター制御による細胞外の糖含量コントロール
山田晃嗣,高野義孝
クエイキング欠損はニッチ外でがん幹細胞の幹細胞性を維持させる
新宮多加志,Jian Hu
低酸素環境による成体マウスでの心臓再生
中田祐二,木村 航,Hesham A. Sadek

ATG結合系はオートファゴソーム内膜の分解に重要である
小山-本田 郁子,坪山幸太郎,水島 昇
新奇な体験によって日常の記憶が増強するメカニズム
竹内倫徳
A型肝炎ウイルスの宿主動物域および病原性はMAVS依存性である
平井-結城 明香,Stanley M. Lemon
アフリカツメガエルの異質四倍体ゲノムの進化
近藤真理子,平良眞規

クマムシのゲノムから発見した新規タンパク質Dsupはヒト培養細胞の放射線耐性を向上させる
橋本拓磨,國枝武和
細胞老化関連分泌現象のマスターレギュレーターとしてのNOTCHシグナル
成田匡志
リジン48/63分岐型ユビキチン鎖はNF-B経路の調節因子である
大竹史明,佐伯 泰,田中啓二
ヒト,サル,マウスにおける多能性発生座標の解明
中村友紀,斎藤通紀

CHD8のハプロ不全はRESTを異常活性化し自閉症の発症原因となる
片山雄太,西山正章,中山敬一
クライオ電子顕微鏡によるスプライソソームの構造解析
長井 潔
CD47阻害はアポトーシスを起こした細胞の貪食を回復させることにより動脈硬化を抑制する
児島陽子,Nicholas J. Leeper
ERKシグナルはミオシン1Eの局在制御を介して細胞運動を調節する
谷村 進

脳卒中後アストロサイトからニューロンへのミトコンドリアの輸送
早川和秀,Eng H. Lo
Mohawkノックアウトラットでは腱分化機構が破綻し,アキレス腱での異所性骨化を呈する
鈴木英嗣,伊藤義晃,浅原弘嗣
シナプスに架かる記憶への架け橋 Neurexin-Cbln1-GluD2三者複合体構造
掛川 渉,柚﨑通介
高親和性モノクローナルIgAはマウスの腸内細菌叢を改善し大腸炎を予防する
岡井晋作,新藏礼子

PD-L1 3′-UTR異常による,悪性腫瘍が免疫を回避するための新たな遺伝学的メカニズム
片岡圭亮
生細胞で翻訳の過程をリアルタイムで可視化,定量する技術の開発
森崎達也,Timothy J. Stasevich
ミクログリア特異的BK チャネルの活性化がモルヒネ誘発性痛覚過敏を引き起こす
林 良憲,中西 博
精子と卵の結合の構造基盤の解明
大戸梅治,清水敏之

PKAはMIC60のリン酸化を介してPINK1とParkinによるミトコンドリア品質管理を制御する
赤羽しおり,岡 敏彦
IL-1βはヒト2型自然リンパ球の活性化と可塑性を制御する
大根陽一郎
将来出現する季節性インフルエンザウイルスの抗原変異を予測する
今井正樹,渡邉登喜子,河岡義裕
マウス表皮には分裂頻度の異なる2種類の幹細胞が共存する
佐田亜衣子,Tudorita Tumbar

動物が優劣を決める闘いでいつ降参するかを制御する2つの神経回路
Ming-Yi Chou,岡本 仁
フォークヘッド転写因子FoxCはMAPキナーゼ活性の調節を介してリンパ管形成を制御する
久米 努
脊髄損傷後の自律神経回路の再編成による免疫機能低下のメカニズム
上野将紀,Phillip G. Popovich,吉田 富
Cdk1によるApc3,Apc1のリン酸化によってAPC/Cユビキチンリガーゼは活性化される
山野博之
線虫の温度受容体としてのグアニル酸シクラーゼ
武石明佳,Piali Sengupta

Hoxb5は長期造血幹細胞特異的に発現し,均一な血管周囲ニッチを明らかにする
宮西正憲
背側脊髄におけるEphA4の欠損により誘発される環境依存的な運動パターンの選択
佐藤大祐
2つのシグナル物質の使い分けによる正反対の神経制御 新たな抑制性シナプス伝達制御メカニズムの発見
丹羽史尋,坂内博子,御子柴克彦

elastin遺伝子の重複と新規機能獲得による真骨魚類における心臓流出路の進化
守山裕大,小柴和子
毛包が老化するしくみ
松村寛行,毛利泰彰,西村栄美
生殖細胞ゲノムを守るpiRNAを成熟させるヌクレアーゼTrimmerの同定
泉 奈津子,泊 幸秀
IER5は新規の低リン酸化型の活性化HSF1を誘導し,がん化を促進する
浅野良則,大木理恵子

転写因子LRFとBCL11Aはそれぞれ独立した経路で胎児型ヘモグロビンの発現を抑制する
増田 豪,前田高宏
AIMタンパク質は死細胞塊の除去を促進し,急性腎障害を改善する
新井郷子,宮崎 徹
GTP感知機構の発見―新たながんと代謝疾患治療戦略への鍵
竹内 恒,千田俊哉,佐々木敦朗

コヒーシンリングのDNAとの結合反応と解離反応の統一モデル
村山泰斗
胃体部のMist1陽性幹細胞は胃がんの起源細胞となり,血管周囲幹細胞ニッチががん化を促進する
早河 翼
RNA結合タンパク質IMP3は標的mRNA分解を介してがん原遺伝子eIF4Eの活性を促進する
水谷玲菜,秋光信佳
流体せん断力はCa2+チャネルTRPV6の活性化を介して微絨毛形成を誘導する
三浦重徳,竹内昌治

毛嚢によるレジデントメモリーT細胞の制御機構
足立剛也,永尾圭介
ヒト赤血球バンド3の陰イオン交換ドメインの立体構造を解明
小林拓也,濱崎直孝,岩田 想
電気走性における細胞外電界の感知機構 K+チャネルKCNJ15/Kir4.2と細胞内ポリアミンの役割
中島謙一,Min Zhao
レム睡眠とノンレム睡眠の切り替えを司るニューロンの同定と操作により明らかとなったレム睡眠の意義
林 悠,柏木光昭,糸原重美

ゲノムワイド関連解析による新たな血圧関連遺伝子座同定とDNAメチル化の役割
加藤規弘
記憶に使われたシナプスを標識し消去する光遺伝学の確立
河西春郎
部位特異的光架橋で明らかになったインテリジェントなミトコンドリアタンパク質膜透過機構
塩田拓也,今井賢一郎,遠藤斗志也
マウスの生殖能力に必須な精子カルシニューリンは男性避妊薬の標的となりうる
宮田治彦,伊川正人

胸腺プロテアソーム依存的な正の選択はCD8T細胞の抗原応答性を至適化する
髙田健介,髙濵洋介
INPP4BはPTEN欠損による発がんへのフェイルセーフ機構を担う
小藤智史,佐々木雄彦
腸内常在菌が自己反応性のT細胞を活性化して自己免疫性のぶどう膜炎を引き起こす
宝来玲子
Rif1はグアニン4重鎖構造を介して染色体に結合し,広範囲に複製を抑制する
加納 豊,松本清治,正井久雄

マウスES 細胞から胃組織の作製
野口隆明,栗崎 晃
CaMKⅡのキナーゼ活性と構造的役割の相互作用によるシナプス構造可塑性のゲート機構
林 康紀,金 カラム,岡本賢一
デクチン1 シグナル阻害による,腸内細菌叢を介した炎症抑制
唐 策,岩倉洋一郎
脊髄後角におけるSTAT3依存的なアストロサイト活性化は痒みの慢性化に必要である
白鳥美穂,津田 誠

樹状細胞のTGF-β自己産生は,Smad2,Smad3により真逆に制御される
柏木一公,吉村昭彦
抗リン酸化cis型Tau抗体による外傷性脳損傷モデルマウスの治療
近藤麻美,梁 明秀,Kun Ping Lu
生殖系列の変異率と変異蓄積マウス系統
内村有邦

オートファジーによる小胞体と核の分解
中戸川 仁,持田啓佑
新生仔期に発生するAire依存性のTregが自己免疫を制御する
藤門範行
中心小体サテライトとヒトMsd1タンパク質は中心体構築に必須である
西-堀 晶子,登田 隆
ナイーブTリンパ球のストレス制御機構,KDEL受容体の新しい機能
上村大輔,村上正晃

生体内の指向性運動はエクソソームによってコントロールされている
星野大輔,Alissa M Weaver
SCFUcc1ユビキチンリガーゼはグリオキシル酸回路の代謝スイッチとして機能する
中務邦雄,嘉村 巧
HLA imputation法の日本人集団への実装とバセドウ病バイオマーカーの同定
岡田随象
乳がん細胞が分泌するエクソソームが脳血管を破壊し,脳転移を促進する
富永直臣,落谷孝広

喉の渇きを制御する神経回路
岡 勇輝
胎生期の脳には成体神経幹細胞の元となる細胞(起源細胞)が存在する
古館昌平,原田雄仁,後藤由季子
乳酸脱水素酵素はてんかんの代謝的制御を可能にする創薬標的分子である
井上 剛,佐田 渚
オキシトシンと視線を介したポジティブ・ループによるヒトとイヌの絆形成
永澤美保,菊水健史

代謝と共役するDnmt3aを介したエピジェネティクスは骨細胞分化の制御にかかわる
西川恵三
TPCsはエボラウイルスの宿主細胞侵入を制御し,治療標的となりうる
櫻井康晃,Robert Davey
CHOPS症候群転写伸長反応異常による新規先天異常症候群の同定
泉 幸佑,白髭克彦
ミクログリアにおける自然免疫受容体TLR9シグナルは成体ニューロン新生の恒常性を保証する
松田泰斗,中島欽一
ビタミンKの吸収経路の発見 ビタミンの体内動態変動を介した新規薬物相互作用メカニズム
高田龍平,山梨義英,鈴木洋史

細胞の状態遷移過程ではエンハンサーが先行して活性化する FANTOM5プロジェクトにより明らかにされた転写制御のダイナミズム
吉原正仁,粕川雄也,川路英哉
脊椎動物の体の3D構造の形成に必須な重力耐性遺伝子の同定
古谷-清木 誠,Carl-Philipp Heisenberg,仁科博史
無刺激神経細胞における26Sプロテアソームの「その場」 でのビジュアルプロテオミクス
福田善之,浅野 翔,Wolfgang Baumeister
「強きを助け弱きをくじく」−シナプス刈り込みを担う新規C1ql1シグナリング
掛川 渉,柚崎通介

B細胞濾胞がエリートコントローラーでのAIDSウイルス増殖の「聖域」となっている
深澤嘉伯,Louis J. Picker
減数第一分裂に特異的な染色体分配を制御する新規動原体因子MEIKIN
石黒啓一郎,金 智慧,渡邊嘉典
生細胞解析から明らかとなったRNAポリメラーゼⅡの転写活性化におけるヒストンアセチル化の意義
木村 宏
CRISPR-Cas9複合体の立体構造に基づく転写活性化ツールの創出と応用
濡木 理

Notchシグナルはグルコース代謝調節を介してメモリーT細胞の生存を制御する
前川洋一,安友康二
新しい非相同末端結合タンパク質PAXXの特定
越智 崇
超高感度・超高速な赤色Ca2+センサー「R-CaMP2」 の開発による神経活動の可視化
井上昌俊,尾藤晴彦
ユビキチンリガーゼFbxw7はがんニッチ形成を抑制する
弓本佳苗,中山敬一

紡錘体チェックポイントのMCC形成を介した細胞全体への影響
伊澤大介,Jonathon Pines
SIRT1のS-ニトロソ化が加齢に伴う症候群において炎症性スパイラルのスイッチをONにする
金木正夫
PINK1とParkinが紡ぐリン酸化ポリユビキチンの鎖が,Parkinをミトコンドリアへと局在化させる
今居 譲,柴 佳保里,服部信孝
復帰突然変異を活用した新たな遺伝子治療の提唱 Revertant mosaicismを生じた皮膚表皮角化細胞由来iPS細胞を用いた,先天性表皮水疱症患者に対する治療
梅垣知子,Angela M Christiano

細胞死と生存を決定する2元的機能分子RIPK1の腸上皮細胞における役割 細胞死,炎症と恒常性の維持の関連
高橋のぞみ,Peter Vandenabeele
血管周囲に形成される白血球クラスターは皮内でのT細胞活性化に必須である
江川形平,夏秋洋平,椛島健治
網膜神経はVEGFを希釈することで血管形成を制御する
久保田義顕
オキシトシンに反応する前頭葉抑制性ニューロン細胞群はメスの社会活動を制御する
中島美保
神経筋接合部の形成不全を伴う神経筋疾患に対する新規治療概念の創出 Dok-7の発現増強による神経筋接合部形成増強治療
有村純暢,山梨裕司

3D革命―生命活動の真の姿を照らし出す次世代蛍光顕微鏡技術
下澤東吾,清末優子
なぜ亜鉛は生体防御に必要なのか? B細胞における亜鉛シグナルの役割
深田俊幸,宮井智浩,北條慎太郎
マクロファージの分泌するケモカインがメモリーCD4陽性T細胞の組織常在性と機能を維持する
飯島則文
複製フォークによび込まれたDDKキナーゼが減数分裂期に複製と相同組換えの開始を同調させる
村上 創

感染時の急速なT細胞の増殖と宿主防御を担う転写制御機構の解明
栄川 健
ポリペプチド鎖の伸長過程においてリボソームが停滞することにより神経細胞死が起こる
石村隆太
Jam1a-Jam2aによる接着はNotchを介した造血幹細胞の運命決定を制御する
小林 功,David Traver

視床下部POMCニューロンのXbp1は小胞体ストレスおよび全身性のエネルギー・糖代謝を制御する
福田 真
小胞体―細胞膜接着部位の脂質輸送機能を示唆するextendedシナプトタグミンの構造
佐伯恭範,Pietro De Camilli
運動性繊毛の平面細胞極性形成・調整・維持におけるDishevelledの役割
大畑慎也,中谷 仁,Anthony Wynshaw-Boris,Arturo Álvarez-Buylla
カルシンテニンに依存したシナプス領域のインスリン/PI3K経路の活性化が線虫の学習を制御する
大野速雄,富岡征大,飯野雄一

アミノ酸トランスポーターASCT2によるTh1およびTh17細胞の分化制御
中谷真子,Shao-Cong Sun
エンドサイトーシスのバランス変化によるNotchシグナルの温度補償
志水英之
運動学習中の脳神経回路の変化の可視化
小宮山尚樹
ユニークな免疫回避機構をもつ歯周病原細菌の解析
前川知樹

生体膜リン脂質の脂肪酸組成が多様化するメカニズムと意義
原山武士,清水孝雄
2つのセマフォリンによる逆行性シグナルが発達期シナプス刈り込みを制御する
上阪直史,狩野方伸
繊毛局在キナーゼICKは細胞種特異的な繊毛形成と繊毛内輸送の制御に必須である
茶屋太郎,大森義裕,古川貴久
リン酸化ユビキチンは新しいパーキンソン病発症の抑制因子である
小谷野史香,松田憲之

あらゆる細胞種・組織を網羅した活性化エンハンサー百科事典
鈴木貴紘,カルニンチ・ピエロ
クローディンの結晶構造より得られたタイトジャンクションの構造学的知見
鈴木博視
神経細胞の多様化に重要な発生初期のエピジェネティック制御 クラスター型プロトカドヘリン遺伝子の確率的発現
豊田峻輔,八木 健
アスピリンによる生理活性脂質12-HHTの産生阻害は皮膚創傷治癒の遅延をひき起こす
佐伯和子,劉 珉,横溝岳彦

平面内細胞極性経路とセプチンによるアクトミオシンの細胞内分布制御 細胞集団の移動に方向性を与える新たな機序
進藤麻子,John Wallingford
システインパースルフィドの生体内生成と生理機能の再発見 活性イオウ分子による抗酸化・レドックスシグナル制御
赤池孝章
脊椎動物未受精卵の分裂停止のメカニズム Emi2によるAPC/C-Ube2S結合の競合阻害
迫 洸佑,鈴木和広,磯田道孝,佐方功幸
がん遺伝子Mycによる細胞競合はp53を介した代謝リプログラミングにより協調的に制御される
松田七美

ビッグデータ解析による新しいゲノム創薬手法の開発 関節リウマチを例に
岡田随象
不完全な初期化によるエピゲノム発がん
大西紘太郎,蝉 克憲,山田泰広
オレキシン産生神経細胞は2つの異なる神経経路でナルコレプシーを抑制する
長谷川恵美,三枝理博
タイミングと場所が遊走のキモ カルシウム伝達の時間的空間的制御が細胞遊走をコントロールする
Feng-Chiao Tsai,関 亜希子

マウスY染色体は生殖補助技術を用いることで2つのY染色体遺伝子で置き換えることができる
山内康弘,Monika A. Ward
エストロゲンは妊娠中の造血幹細胞の自己複製を亢進する
中田大介
エフェクターT細胞の活性・動態の制御機構
本田哲也,Jackson G. Egen,Ronald N. Germain
タキキニン発現ニューロンがショウジョウバエの雄特異的な攻撃的性向を制御する
朝比奈健太

核内構造体のlncRNA駆動性スポンジ機能による転写制御
廣瀬哲郎,谷川明恵
“光遺伝学を用いた新解剖学” により100年ぶりに海馬の主要な記憶神経回路を新たに発見
小原圭吾
統合失調症患者の神経細胞ゲノムではLINE-1のコピー数が増加している
文東美紀,加藤忠史,岩本和也
Foxp3発現T細胞から分化したTh17細胞は自己免疫性関節炎の悪化に重要な役割を果たす
小松紀子,高柳 広

染色体接触により同時制御下にある複数の遺伝子の転写が可能になる
柴山洋太郎,Stephanie Fanucchi,Musa M. Mhlanga
銅はがんの呼吸を助け,がんの成長を速める
石田誠子
BRCA1とその新規結合分子OLA1による中心体制御能と乳がん発症機構
千葉奈津子
ヒトiPS細胞疾患モデルを用いた神経シナプス障害の解析と治療方法の探索
矢澤真幸

1細胞Hi-C法により,従来のゲノム立体構造研究の盲点にも光明が!
永野 隆
構造・ゲノム情報の組合せによる酵素機能・代謝経路の予測法
酒井綾乃
ワールブルグ効果の新たな分子機序としてのmTORC2経路の解析
増井憲太,Paul S. Mischel
CPEB1の枯渇は脆弱X精神遅滞症候群の病態生理を改善する
宇田川 剛

母性因子Wave1は転写のリプログラミングと正常な胚発生に必要である
宮本 圭
GPCRの分子ゆらぎの平衡点によって決まる嗅神経軸索の投射位置
坂野 仁
亜鉛欠乏時に働く小胞体ストレス誘導スイッチとしてのSOD1の新規機能
本間謙吾,一條秀憲
不快な社会的刺激は外側中隔のオキシトシン受容体を介し恐怖記憶を強化する
西森克彦,Yomayra F Guzmán,Jelena Radulovic

細胞表層ダイニンと非対称な細胞膜伸長の協調作業によって,紡錘体は細胞中央へ配置される
清光智美,Iain M. Cheeseman
アポトーシス細胞のホスファチジルセリンの露出に関与するXkr8の同定
鈴木 淳,長田重一
大腸菌のcAMP シグナルは異化と生合成のバランスを検知してプロテオームの最適な分配を行う
岡野浩行
細胞質p53はマイトファジーを抑制し心臓老化を促進する
星野 温,的場聖明

Sirt1は視床下部において哺乳類の老化を遅延し寿命を延長させる
佐藤亜希子,今井眞一郎
神経活動の遺伝学的な制御とコマンドニューロン ショウジョウバエを使った記憶研究の新しいアプローチ
吉原基二郎
肥満に伴う腸内細菌叢の変化が肝がんの発症を促進する
吉本 真,大谷直子,原 英二
実験用マウス系統の起源 日本産愛玩用マウスの貢献
高田豊行,城石俊彦

低分子‒タンパク質相互作用検出ツール群で薬の標的を探る
春木宏仁
獲得免疫系におけるRegnase-1を介した転写後制御の重要性
植畑拓也,審良静男
IRF8‒KLF4転写因子カスケードによる単球分化制御
黒滝大翼,田村智彦

局所的カルシウムシグナルによる樹状突起の選択的除去メカニズム
金森崇浩,榎本和生
歯槽膿漏―口腔内常在細菌のNod1刺激から破骨へ
焦 義祖,猪原直弘
アディポネクチンによる骨量制御
梶村大介,Gerard Karsenty
RNA編集酵素ADAR1のRNAi促進機能 ADAR1-Dicer複合体はmiRNA産生を向上させる
櫻井雅之,太田博允,西倉和子

miRNAヘアピンループから選択的に生成される機能的小分子RNA
岡村勝友
組織常在型M2様マクロファージ分化におけるTrib1の重要性
佐藤 荘,審良靜男佐藤 荘,審良靜男
脳弓下器官に存在する体液濃度センサーの感度はエンドセリン-3により増強されている
野田昌晴
多剤耐性菌感染症の原因となる多剤排出タンパク質の阻害剤結合構造を決定
山口明人,中島良介,櫻井啓介

⿎⿎大脳新皮質ニューロンは上皮間葉転換様のメカニズムにより移動を開始する
伊藤靖浩,後藤由季子
⿎⿎ポリコーム複合体PRC1は雌性始原生殖細胞の性分化の開始を調節する
横林しほり
⿎⿎マイクロRNA-34aは心臓の老化と機能を調節する
家串和真
⿎⿎F-boxタンパク質による時計タンパク質の安定性制御と行動リズムの制御
平野有沙,深田吉孝

ハンセン病原因菌によるリプログラミングが感染拡大を促進する
真先敏弘,Anura Rambukkana
Fbxw7阻害は静止期を破綻させることにより白血病幹細胞を根絶する
武石昭一郎,中山敬一
血管-神経ワイアリングを構築する基本メカニズム
向山洋介
バー小体の正体 HBiX1-SMCHD1複合体によるヒト不活性化X染色体の凝縮
長尾恒治,野澤竜介,小布施力史
グリオーマ幹細胞の 「幹細胞性」 を制御するAMPKファミリーキナーゼMELKの作用機序
中野伊知郎

哺乳類の塩味受容機構の解明 高濃度の塩は苦味と酸味の味覚経路を活性化する
岡 勇輝
iPS細胞技術を用いたがん抗原特異的T細胞の再生
Raul Vizcardo,増田喬子,山田大輔,河本 宏
酵母のすべての遺伝子の「限界コピー数」を測る
金高令子,蒔苗浩司,守屋央朗
Dclk1は腸管の腫瘍幹細胞を特異的にマークする
中西祐貴,妹尾 浩,千葉 勉
アポトーシス細胞の貪食におけるGRK6の役割解明
仲矢道雄,黒瀬 等

Hippo経路分子MOB1による発生と発がんの制御
西尾美希,板見 智,鈴木 聡
持続的なIL-7シグナルはCD8T細胞において生存ではなく細胞死を誘導する
木村元子
c-FLIPの腸管や肝臓の恒常性維持における役割
中野裕康,朴 雪花
Notch受容体細胞外領域のリガンドの選択性にかかわる進化的に保存されたドメインの発見
山本慎也,ヒューゴ・ベレン
物体認知の最終段階に見られる2つの速くて粗い情報処理系と遅く正確な情報処理系
一戸紀孝

神経型一酸化窒素により誘起されるTRPV1を介したCa2+シグナルは骨格筋肥大を促進する
伊藤尚基,武田伸一
血中フルクトースを利用した栄養感知機構
宮本徹也,Hubert Amrein
脂肪細胞の炎症性シグナル伝達におけるGPRC5Bの役割
金 然正,平林義雄
アンジェルマン症候群の運動障害と小脳での持続性抑制の低下
江川 潔,福田敦夫
ラミニンE8を用いた安全で効率的なヒト多能性幹細胞培養法の開発
川瀬栄八郎,宮崎隆道,関口清俊

理想タンパク質立体構造のデザイン原理
古賀信康,古賀(巽)理恵
リーリン依存的なintegrin α5β1の活性化による神経細胞の配置機構
関根克敏,仲嶋一範
オリゴデンドロサイト前駆細胞は脳白質障害初期に血液脳関門の破綻をひき起こす
宮元伸和,Ji Hae Seo,荒井 健
ミトコンドリア遺伝病の配偶子系列遺伝子治療確立へ向けて
立花眞仁,Shoukhrat Mitalipov
ES/iPS細胞からの機能的な卵子の作製
林 克彦,斎藤通紀

シナプス接着分子neuroligin-1の神経活動依存的なタンパク質切断
鈴木邦道,富田泰輔,岩坪 威
ネットワークモデルの構築とライブイメージングによるがん細胞の浸潤性転換を制御するPI3K-PKCαシグナルの解明
星野大輔,Alissa M. Weaver,清木元治
ショウジョウバエの報酬伝達神経回路
山方恒宏,麻生能功,谷本 拓
スリングは高ずり応力下における好中球ローリングを可能にする
桑野嘉弘
酸化ストレス応答シグナルおよび細胞死を制御する因子KLHDC10の同定
関根悠介,一條秀憲

ACE2のアミノ酸吸収制御による腸内環境の維持と腸炎の予防
橋本達夫,Josef M. Penninger
リンパ節に代替臓器をつくる
小森淳二
哺乳類概日転写制御機構とクロマチンランドスケープ
小池宣也
免疫受容体CD300aはアポトーシス細胞と結合して肥満細胞を制御する
小田(中橋)ちぐさ,渋谷 彰

Rif1タンパク質はヒトゲノム複製タイミングドメインを決定する
山崎聡志,正井久雄
腸管膜を横切る神経堤細胞は大腸の神経系の主要な構成細胞である
榎本秀樹,西山千尋
病的血管新生はATMによる酸化ストレス調節に依存する
久保田義顕
HMGAタンパク質群は神経系前駆細胞のクロマチン状態とニューロン分化能を制御する
岸 雄介,藤井佑紀,後藤由季子
Rif1タンパク質はヒトゲノム複製タイミングドメインを決定する
岸 雄介,藤井佑紀,後藤由季子

視交叉における視神経の交叉投射の分子機構
桑島孝明,櫻井 武,Carol Mason
Cryptochromeタンパク質に作用する化合物を用いた概日時計および糖新生の調節
廣田 毅,Steve A. Kay
造血幹細胞の幹細胞性維持と白血病発症における抑制性受容体の働き
海川正人,Cheng Cheng Zhang
Wntシグナルによる造血幹細胞の静止状態と活性化の制御
杉村竜一

AKT経路の情報多重化によるインスリン作用の時間情報コード
久保田浩行,黒田真也
肝細胞の肥大と特殊な細胞分裂が肝臓の再生を担う
宮岡佑一郎,宮島 篤
非コードRNAが相同染色体の相互認識を担う
丁 大橋,平岡 泰
新しい核ー細胞質間運搬体分子“Hikeshi”の同定 熱ストレス応答時の分子シャペロンHsp70の核内移行とその機能
小瀬真吾,今本尚子
Nanogのアレリック発現による多能性の制御
宮成悠介

新規な神経修飾可視化法による空腹時の味覚変化メカニズムの解明
稲垣秀彦
microDNAと正常体細胞における遺伝的多様性
柴田義幸,Anindya Dutta
新規フーリン切断配列による高分子型BMPの産生 大は小を兼ねる?!
秋山琢也,Kristi A. Wharton
受容体型チロシンキナーゼErbBと転写因子NF-κBによる乳がん幹細胞維持の分子機構
日野原邦彦,後藤典子

Wnt5a-Ror2シグナルは破骨細胞形成を亢進する
小林泰浩,前田和洋,高橋直之
機能性抗体による創薬標的Gタンパク質共役型受容体の不活性化の分子機構
日野智也,岩田 想,村田武士
嗅覚神経細胞分化におけるNotchシグナルのエピジェネティックな制御
遠藤啓太,Adrian W. Moore
ヒトiPS細胞由来神経上皮様幹細胞移植による脊髄損傷治療
藤元祐介,中島欽一

α-ジストログリカン上に見出された新規機能性糖鎖修飾
吉田-森口 貴子,稲森啓一郎,Kevin P. Campbell
PINK1とParkinはミトコンドリアの神経軸索輸送を制御する
澤田知世,高橋良輔,Bingwei Lu,今居 譲
がん抑制遺伝子PMLによるPERIOD2を介したサーカディアンリズムの制御
三木貴雄,Cheng Chi Lee
抗腫瘍性キナーゼによる細胞周期制御とがんの進展
平 直江,吉田清嗣

ゲノムシークエンスによる家族性メラノーマの新規遺伝子変異の発見
横山 悟
SAM68は選択的スプライシングを神経活動依存的に制御する
飯島崇利,Peter Scheiffele
miR-122−Ago2複合体によるC型肝炎ウイルスRNAの安定化
島上哲朗,山根大典,Stanley M. Lemon

二本鎖RNAセンサーによるリガンド認識とシグナル伝達機構の複雑性
瀧澤俊広,石橋 宰,アリ モハメド
造血幹細胞を休眠状態に誘導する骨髄内シュワン細胞の重要性
山崎 聡,中内啓光
レシピエントの非造血系抗原提示細胞は急性移植片対宿主病を誘導する
小山幹子
ESCRT-Ⅲ複合体とDeltexによるリガンド非依存的なNotch情報伝達系の制御
堀 一也,Spyros Artavanis-Tsakonas

破骨細胞は造血幹細胞の維持および動員には必要なかった
宮本佳奈,宮本健史
福山型筋ジストロフィーの病的スプライシング異常とアンチセンス療法
谷口(池田)真理子,小林千浩,戸田達史
コヒーシン制御因子Nipblによる遺伝子発現調節を介した発生制御
武藤彰彦,Arthur D. Lander

R-Smad脱ユビキチン化酵素USP15によるTGFβシグナル制御
乾 雅史,Andrea Manfrin,Stefano Piccolo
細胞老化を誘導するDNA損傷シグナルはAPC/CCdh1を介してヒストンメチル化酵素の分解を誘導する
高橋暁子,今井良紀,原 英二
NMN(nicotinamide mononucleotide)が与える新しい栄養学的糖尿病治療法の可能性
吉野 純,今井眞一郎
線虫受精卵における父性ミトコンドリアのオートファジーによる選択的分解
佐藤美由紀,佐藤 健

ストレスとゲノムの応答 慢性的なストレスがDNAに与える影響とその分子機構の解明
原 誠
MED26は転写伸長因子複合体“SEC”をリクルートする
高橋秀尚,Ronald C. Conaway,Joan W. Conaway
セマフォリンシグナルを介したTORアダプター因子の選択機構
糠塚 明,高木 新
内在性Nogo受容体アンタゴニストLOTUSの嗅索形成における生理的役割
池谷真澄,栗原裕司,佐藤泰史,五嶋良郎,竹居光太郎

左右非対称な組織形態形成の新たな機構 上皮細胞における平面内細胞形状のキラリティの意義
中澤直高,谷口喜一郎,前田礼男,安藤格士,松野健治
中枢神経系特異的に発現するマイクロRNA-124aは神経細胞成熟に必須である
佐貫理佳子,古川貴久
線虫C. elegansの記憶を制御する温度受容システムの発見
杉 拓磨,森 郁恵
免疫プロテアソームの遺伝子変異が引き起こす自己炎症症候群
北村明子,安友康二

脊椎動物未受精卵の分裂停止因子Emi2の制御メカニズム
磯田道孝,迫 洸佑,佐方功幸,渡邊嘉典
コンデンシンとヒストンH2Aの相互作用が分裂期染色体を形づくる
多田健志,進 寛明,作野剛士
出芽酵母のDicerによる新しい分子定規機構をつかったsiRNA二本鎖の生成
中西孝太郎
クロマチンリモデリング因子ISW1aの構造と機能
山田和弘,Timothy D. Frouws,Brigitte Angst,Timothy J. Richmond

ストレスによるエピゲノム変化とその遺伝
成 耆鉉,石井俊輔
インタラクトームが示す自閉症の収束的分子メカニズム
酒井康成,Chad A. Shaw,Huda Y. Zoghbi
NOはPI3-キナーゼ─Akt シグナルのスイッチ分子として機能している
上原 孝
p57は造血幹細胞の静止期と幹細胞性の維持に必須である
松本有樹修,中山敬一

甘味,旨味,苦味細胞への運命決定を司るSkn-1a 多様な味細胞種の起源の秘密を握る鍵因子
松本一朗
食塩感受性高血圧の発症機序 腎β2受容体-WNK4の役割とエピジェネティック調節
穆 勝宇,藤田敏郎
転写因子BATFによる抗体産生応答の制御機
伊勢 渉,Kenneth M. Murphy
カロリー制限による加齢性難聴予防の分子メカニズム
染谷慎一

チオレドキシンによるCRMP2 の酸化依存性リン酸化と成長円錐崩壊
三木裕明
亜鉛トランスポーターZIP14はGPCR シグナル伝達を介して全身性成長を制御する
北條慎太郎,深田俊幸,平野俊夫
運動能と機械受容能を併せもつ鞭毛の発見
中山義敬,吉村建二郎
神経障害性疼痛におけるCCL21(CC-Chemokine Ligand 21)の役割
井上和秀

プロテアソームによるタンパク質分解に必要な分解シグナルの配置
伊野部智由
Wnt作動薬R-spondin1は腸幹細胞を保護して全身性移植片対宿主病を軽減する
高嶋秀一郎,豊嶋崇徳
線虫の子宮・陰門形成における組織境界は基底膜の移動と接着分子により制御される
伊原伸治,David R. Sherwood
アストロサイトからニューロンへの乳酸の輸送は長期記憶形成に必須である
鈴木章円,Cristina M. Alberini

Glioblastomaにおける抗VEGF療法抵抗性のメカニズム 腫瘍細胞から分化した血管内皮細胞の関与
曽田 泰,丸本朋稔,Inder M. Verma
ティモシー症候群患者由来のiPS細胞を用いた心筋表現型の解析と薬剤テスト
矢澤真幸
小胞体膜上で起こるスプライシングの洗練されたメカニズム 翻訳の一時停止が新生鎖に機能を与える
柳谷耕太,河野憲二
中心小体複製開始の分子メカニズム
北川大樹,Michel O. Steinmetz,Pierre Gnczy

原始脊索動物ホヤの変態期に生じるグリア細胞からのニューロン新生
笹倉靖徳,堀江健生
膵臓癌でみられるゲノムの進化とその時間経過
谷内田真一
ミトコンドリア機能障害による免疫反応とオートファジーによるその制御
中平毅一,Augustine M. K. Choi
概日時計のケミカルバイオロジー 細胞リズムの周期変化を導く新規化合物longdaysin の同定と解析
廣田 毅,Steve A. Kay

ミトコンドリア膜電位と抗ウイルス自然免疫
小柴琢己
NebulinとN-WASPの複合体がIGF-1による筋原線維のアクチン線維形成を担う
高野和儀,渡邊-高野晴子,遠藤 剛
RIP kinaseによるネクローシス誘導とその網膜変性における役割
村上祐介,George Trichonas,Demetrios Vavvas
時計タンパク質KaiCの概日性分子鼓動
秋山修志,向山 厚

mRNA品質管理システムにおける異常mRNA分解の分子機構
鹿島 勲
脂質性成長因子SIPは,2型受容体を介してマクロファージ泡沫化および動脈硬化に関与する
王 飛,岡本安雄,多久和 陽
ビフィズス菌の産生する酢酸が病原性大腸菌感染を予防する 糖トランスポーターの重要性
福田真嗣,服部正平,大野博司
Mafは加齢に伴う間葉系細胞分化の運命決定に関与し,骨芽細胞分化を促進する
西川恵三,高柳 広
トリプレット・リピート病原因遺伝子に対するテーラーメイドRNAiノックダウン
高橋理貴,北條浩彦

抗原抗体反応へのpH依存性の付与による抗体1分子のくり返し抗原結合
井川智之,服部有宏
microRNA-33は生体内でHDLコレステロールを制御する
尾野 亘,堀江貴裕,木村 剛,北 徹
細胞分裂を制御するCDKとPP2Aの密接な関係 キナーゼとホスファターゼのシーソーゲーム
持田 悟

網膜・錐体視細胞の分化決定におけるPias3依存的SUMO化の役割
大西暁士
リプログラミング技術による心筋細胞の直接誘導法の発見
家田真樹
分裂酵母の2つのHippo関連経路のクロストーク
久米一規,五島徹也,平田 大
肝臓癌幹細胞の機能性マーカーとしてのCD13の同定と治療標的としての検討
原口直紹,石井秀始,永野浩昭,土岐祐一郎,森 正樹

Akt 経路のローパスフィルタ特性によって,EGFR阻害剤が下流の活性化を導くことがある
藤田一広,豊島 有,黒田真也
S-ニトロシル化による神経変性の制御
中村智尋,Stuart A. Lipton
骨芽細胞におけるインスリンシグナルは骨代謝とグルコース代謝を調節する
吉澤達也
小分子化合物TPh Aを用いた初のピリン機能解明
宮崎 功,奥村英夫,清水史郎,長田裕之

転写因子Bcl11bはT細胞系列への運命決定に必須である
伊川友活,河本 宏
がんの悪性化における細胞分化シグナルの役割
伊藤貴浩,Tannishtha Reya
短鎖ペプチドによる転写因子Shavenbabyの活性制御
近藤武史,影山裕二
移植神経幹細胞由来ニューロンによるマウス損傷脊髄神経回路網の再建
あべ松昌彦,中島欽一

気道上皮繊毛の機能的運動非対称性におけるチューブリンポリグルタミン酸化修飾の重要性
池上浩司,瀬藤光利
ヒトHP1結合タンパク質のプロテオーム解析からみえてきたHP1の新機能 HP1はPOGZと協調してAurora Bキナーゼの活性化に寄与する
野澤竜介,長尾恒治,小布施力史
尿酸が“Danger signal”として働くことで細胞死に対する炎症が誘導される
河野 肇
免疫受容体アラジン-1はIgE依存性アレルギー反応を抑制する
人見香織,田原聡子,渋谷 彰

病原細菌の定着を阻害する常在細菌の阻害因子の同定とその阻害メカニズムの解明
岩瀬忠行,水之江義充
立体構造より明らかとなったヒダントイン輸送体Mhp1の輸送機構
島村達郎,Alexander D. Cameron,岩田 想
オスマウスの涙に分泌されるペプチドESP1のフェロモン作用機構の解明
はが 紗智子,東原和成
「 張力」を重要な情報とする細胞間コミュニケーションの分子機構 膜電位依存的なPINK1の分解とParkinの活性化が鍵だった
米村重信

ヒストンメチル化酵素ESETによる胚性幹細胞でのプロウイルス抑制機構
眞貝洋一,松井稔幸
p120カテニンによるカドヘリン依存性細胞間接着の安定化機構
石山 昇,伊倉光彦
ユビキチンリガーゼ遺伝子Ube3aによる大脳皮質可塑性のゲノム刷り込み効果
佐藤正晃
PINK1とParkinは協調して「膜電位を失ったミトコンドリアの品質管理」を担っている 膜電位依存的なPINK1の分解とParkinの活性化が鍵だった
松田憲之,尾勝 圭,田中啓二
ephrin-B2によるVEGFRエンドサイトーシスの制御
中山雅敬,Ralf H. Adams

サリドマイド催奇性の原因因子の発見
伊藤拓水,安藤秀樹,鈴木孝幸,小椋利彦,山口雄輝,半田 宏
放射線治療後の腫瘍再発を導く骨髄細胞の役割
來生 知
ポリグルタミン病のシャペロン介在性オートファジーを利用した新規治療法の開発
貫名信行,Peter Bauer
脳形成に関与する二重特異性ヒストン脱メチル化酵素KDM7の発見
束田裕一,中山敬一
ヘルパーvs キラーT 細胞の分化運命決定における転写因子MAZR の役割
坂口新也

オートファジー選択的基質p62による抗酸化ストレス活性化機構 p62による転写因子Nrf2活性化の分子機構とその病態生理学
小松雅明
生体リズム異常に伴う高血圧発症メカニズム
土居雅夫,岡村 均
Gas5 non-coding RNAによる新規GR転写調節機構
木野智重
糖尿病,神経変性疾患と小胞体ストレスをつなぐ遺伝子WFS1
浦野文彦
嗅覚神経地図形成の時空的制御
竹内春樹,井ノ口 霞,青木真理,坂野 仁

内因性カンナビノイドの甘味増強作用
吉田竜介,大栗弾宏,重村憲徳,二ノ宮裕三
ヒストン遺伝子はなぜS期特異的に転写制御されるのか?
高山優子,登田 隆,齋藤成昭
O-マンノシル型糖鎖のリン酸化がジストログリカンのラミニン結合型修飾に必須である
吉田- 森口 貴子,Kevin P. Campbell
Nemo-like kinaseはNotch転写複合体の形成を阻害し,神経細胞形成を促進する
石谷 太,松本邦弘,伊藤素行

オリゴマーの非天然相互作用が感染性の高いプリオン凝集体を誘導する
大橋祐美子,田中元雅
赤痢菌は宿主免疫応答抑制により感染を拡大する
芦田 浩,笹川千尋
痛風の主要な病因遺伝子ABCG2の同定
松尾洋孝,高田龍平,市田公美,中村好宏,鈴木洋史,四ノ宮成祥
ピルビン酸キナーゼM2はリン酸化により抑制され,ワールブルグ効果と腫瘍成長を促進する
一杉太郎,Jing Chen
新規組換え機構による逆向きくり返し配列での染色体結合
水野健一,Johanne M. Murray,Antony M. Carr

骨調節因子RANKL/RANK による中枢性体温調節機構
花田礼子,Josef M. Penninger
キネシンは,両足間にかかる張力によって協調的に長距離を歩く
宮薗侑也,多田隈尚史
システムアプローチによる転写抑制因子RP58 を介した筋分化制御機構の解明
横山成俊,伊藤義晃,浅原弘嗣
老人性難聴におけるBak 依存性ミトコンドリアアポトーシスの役割
染谷慎一,田之倉 優

小胞体ストレスセンサーによる骨軟骨形成制御
今泉和則,村上智彦,斎藤 敦
オレキシンシグナリングと睡眠覚醒周期は脳内Aβ量を制御する
山田 薫,David M. Holtzman
爬虫類心臓発生と心室形態進化の分子メカニズム
小柴和子,Benoit G. Bruneau,竹内 純
Glycoprotein 2(GP2)によるⅠ型繊毛を有する細菌のM細胞特異的な取り込み 腸管免疫応答に重要な細菌認識受容体の世界に先駆けた発見
長谷耕二,大野博司

ミトコンドリア外膜タンパク質Mitofusin 2によるウイルス免疫制御機構
小柴琢己
γセクレターゼと"tetraspanin web"との密接な関係
若林朋子,Bart De Strooper
ヒトRNA依存性RNAポリメラーゼの発見とRNAサイレンシングへの関与
毎田佳子,増富健吉
ポリコーム複合体による神経系前駆細胞のニューロン分化能制御
平林祐介,後藤由季子
Atg5やAtg7を必要としない新規オートファジー機構の発見
荒川聡子,西田友哉,清水重臣

リン酸化プロテオミクスで明らかとなったERKによる核膜孔複合体の機能制御 細胞内キナーゼ基質の大規模同定とそのリン酸化制御機構の解明
小迫英尊
脂肪細胞のエンジニアリング 褐色脂肪細胞の分化・発生機構
梶村真吾
ニューロン同士をつなぐ神経突起の除去か維持かの決定におけるWnt-Ror経路の役割
林 悠
プレTCRシグナルはEタンパク質の活性を抑制することによりNotch1の発現を調節する
大谷有美,大谷卓也,Warren S. Pear

ミトコンドリア分裂因子Drp1はマウス胚の生育とシナプス形成に必須である
三原勝芳
軸索間相互作用による神経地図形成
今井 猛,山崎崇裕,坂野 仁
脈絡膜血管新生におけるケモカイン受容体CCR3 の役割と臨床応用の可能性─────────────────────
武田篤信,石橋達朗, Jayakrishna Ambati
タンパク質キナーゼCK2による哺乳類概日リズム制御機構
土谷佳樹,明石 真,西田栄介

シャペロン群を介したプロテアソーム19S調節因子の形成機構の解明
金子岳海,村田茂穂
核内O-結合型糖修飾を介するレチノイン酸誘導性血球分化制御
藤木亮次,近西俊洋,橋場和華,加藤茂明
マウスにおける始原生殖細胞形成シグナリングの解明と試験管内再構成
大日向康秀,斎藤通紀
細菌エフェクターOspEはILKと結合し接着斑を安定化させ,感染細胞の剥離を抑制する
金 玟秀,笹川千尋

膵α細胞におけるインスリンシグナルはグルカゴン分泌の重要な調節因子である α細胞特異的インスリン受容体欠損マウスによる検討
河盛 段,Rohit N. Kulkarni
マウスの絶望行動を制御する量的形質遺伝子 脱ユビキチン化酵素をコードするUsp46の特定
海老原史樹文,冨田 滋
ヒストン脱メチル化酵素Jhdm2aによる体重調節
立石敬介,岡田由紀,Eric Kallin,Yi Zhang
腫瘍形成におけるストレス応答キナーゼASK1とASK2によるアポトーシスと炎症の制御
武田弘資,入山高行,一條秀憲

NMRを使ったヒト細胞内タンパク質の立体構造・機能のライブ観察
杤尾豪人,猪股晃介,伊藤 隆,白川昌宏
脳血管内皮細胞はオリゴデンドロサイト前駆細胞の増殖を促進する
荒井 健
NEMOによる直鎖状ユビキチン鎖の特異的認識はNF-κB活性化に重要である
池田史代,Simin Rahighi,若槻壮市,川崎政人
ゼブラフィッシュmiR-1とmiR-133は骨格筋の遺伝子発現と筋節アクチン構造を制御する
三嶋雄一郎

ショウジョウバエにおける音,重力,風検知の神経基盤
上川内あづさ,稲垣秀彦,伊藤 啓
FGF9による新たな関節形成制御機構の発見 FGF9の二量体化がFGF9の組織内局在をコントロールする
原田理代,古関明彦
ヘテロクロマチンがシュゴシンをセントロメアに繋ぎとめる
山岸有哉,渡邊嘉典
C57BL/6マウス系統のES細胞を無血清培地,フィーダー細胞非依存的に培養し,全身がES細胞に由来するマウスを得る
玉井淑貴,佐藤 照

SIRT6はヒストンH3K9の脱アセチル化とNF-κB依存的遺伝子発現および生物寿命を関連づける
道下江利子,Katrin F. Chua
細胞質に局在するGLD-2による3′末端アデニル化とmiRNAの選択的安定化機構
加藤敬行,鈴木 勉
環境レベルの紫外線に対する生物の耐性獲得のメカニズム
菱田 卓
ラット肝由来の巨大な核酸タンパク質複合体vaultのX線結晶構造
住澤知之,加藤公児,田中秀明

ノンコーディングRNA・Airによる転写抑制機構
永野 隆
反撥性ガイダンス分子draxinは脊髄と大脳の交連線維形成に必須である
新明洋平,田中英明
ネクロプトーシスシグナリングの網羅的解析
人見淳一,Junying Yuan
受容体型キナーゼの細胞内からの活性化
井上 茜,瀬戸口喜代子,樋口 理,山梨裕司

オートファジー関連遺伝子Atg16L1はエンドトキシンによる炎症反応を制御している
齊藤達哉,藤田尚信,吉森 保,審良静男
Notch受容体活性化の場としてのリソソーム様小器官
山田健太,山川智子,Martin Baron,松野健治
食餌制限における低分子量GTPase Rhebの二重の役割
本城咲季子,西田栄介
Rac1によるMR活性促進機構とその腎障害における役割
柴田 茂,長瀬美樹,藤田敏郎

SRAドメインはメチル化シトシンをフリップアウトする
橋本秀春
胚性幹細胞の樹立とその自己複製におけるKlf5の役割
依馬正次,長谷川賀一,高橋 智,藤井義明
DNA修復の場としての核膜孔複合体 -ゲノム安定性維持の空間的制御
永井成樹
MeCP2は成体脳における細胞分化可塑性を制御する
神山 淳,中島欽一

クロマチンリモデリング因子CHD8によるp53機能のエピジェネティック制御機構
西山正章,中山敬一
スキャフォールド分子PAKによるAktの選択的機能制御
樋口麻衣子,大西啓介,後藤由季子
転写調節因子Hmga2は神経幹細胞の自己複製を若齢期特異的に促進する
西野仁輔
神経芽腫におけるALK遺伝子変異
小川誠司

Lys63結合型ポリユビキチン鎖の選択的切断の構造的基盤
深井周也,佐藤裕介,吉川 梓
損傷自己細胞を感知するC型レクチンレセプターMincle
山崎 晶,斉藤 隆
ゴルジ装置の酸性化とその機能に必須である新規イオンチャネルGPHRの同定
前田裕輔
乳癌の薬剤耐性を担うRPN2の発見と機能解析
本間紀美,落谷孝広

インフルエンザウイルスの増殖に関与しているタンパク質RNAポリメラーゼPA-PB1構造解析
尾林栄治,朴 三用
デュアン眼球後退症候群はα2キメリンの機能獲得型変異により起こる
三宅紀子,富田耕造
転写反応は近傍領域へ影響するか?
戎家美紀,西田栄介
ポジティブフィードバック機構が小脳長期抑圧の時間変換スイッチとして機能する
田中(山本)敬子,George J. Augustine

哺乳類の性はSRYとSF-1が協調的にSox9を活性化することによって決まる
関戸良平
鋳型非依存的RNA 合成酵素,CCA 付加酵素のRNA 合成忠実性維持の分子基盤
董 雪松,富田耕造
IL-6阻害による実験的自己免疫性脳脊髄炎発症の抑制
世良田聡,藤本 穣,仲 哲治
キナーゼ複合体の受容体から細胞質移行による時空間的活性制御
松沢 厚, Michael Karin

PML標的による静止期白血病幹細胞の根絶
伊藤圭介,Pier Paolo Pandolfi
標的プロモーター由来ncRNAによる転写抑制
黒川理樹
外胚葉因子がp53の活性を阻害することにより中胚葉分化を抑制する
笹井紀明
有糸分裂の開始を制御するBoraとオーロラAキナーゼの協調的な働き
関 亜希子

分裂酵母Pot1-Tpp1による染色体末端保護とテロメア長制御
三好知一郎,石川冬木
細胞間接着によるアンジオポエチン1/Tie2系の空間的・機能的制御
福原茂朋,望月直樹
新規核小体複合体eNoSCによるエピジェネティックなrRNA転写制御機構
村山明子,大森一二,柳澤 純
リポソーム内に再構成された細菌の分裂装置“Z−リング”
大澤正輝

筋萎縮性側索硬化症における小胞体ストレスを介した運動神経細胞死のメカニズム
西頭英起,一條秀憲
Gタンパク質共役型受容体SREB2/GPR85は脳のサイズと行動を規定し統合失調症の脆弱性に関与する
松本光之
スルメイカロドプシンのX線結晶構造解析
村上 緑,神山 勉
心臓発生におけるhigh mobility groupタンパク質HMGA2の決定的な役割
門前幸志郎,小室一成

T前駆細胞はミエロイド系細胞への分化能を保持している
和田はるか,桂 義元,河本 宏
昆虫嗅覚受容体は匂いで活性化される新規のイオンチャネルを構成する
佐藤幸治,東原和成
コラーゲン特異的シャペロンに対するsiRNAを送達するビタミンA結合リポソームによる肝硬変の治療
佐藤康史,村瀬和幸,加藤淳二,新津洋司郎
マウス卵における内在性siRNAの生合成と機能
渡部聡朗,佐々木裕之

チェックポイントキナーゼChk1の新しい機能
島田 緑,中西 真
繊毛におけるタンパク質輸送機構とRab GTPaseのつながり
大森義裕,古川貴久
Fbxw7は造血幹細胞維持と白血病発症抑制に対する安全装置として重要である
松岡佐保子,尾池雄一,須田年生
ロイコトリエンB4第二受容体(BLT2)の生体内リガンドは12-HHTである
奥野利明

核およびミトコンドリアDNAの酸化損傷によって引き起こされる2つの独立した細胞死の経路
岡 素雅子,中別府雄作
アペリン/APJシステムは血管の管腔サイズを制御する
高倉伸幸,木戸屋浩康
白血球を標的とした短鎖干渉RNA(siRNA)の生体内デリバリー
森下義幸,Dan Peer,島岡 要
卵子由来の核小体は哺乳類の初期胚発生に必須である
大串素雅子

線虫では初期型と二次型のsiRNAの産生機序および活性が大きく異なる
田原浩昭,浅沼高寛,小川宣仁
小胞体Ca2+センサーSTIM1が誘導するCa2+流入がマスト細胞活性化に必須である
馬場義裕
ニューロンの過剰興奮後に生じるシナプス減少のメカニズム
田中秀和,安田 新,杉浦弘子,山形要人

インフルエンザウイルスRNAゲノム複製を制御するMCM複合体
川口敦史,永田恭介
糖ヌクレオチド輸送体SLC35D1は骨格の形成に必須である
池川志郎,古関明彦,古市達哉,平岡秀一
なぜ大動脈弓は左側にアーチを形成するのか?
八代健太
SRAドメインをもつNp95はメチル化DNAにDnmt1をリクルートすることによりエピジェネティックな遺伝的発現の維持を仲介する
武藤正弘,Sharif Jafar,竹林慎一郎

最終分化を終えた網膜水平細胞の増殖による転移性腫瘍形成
味岡逸樹
シナプス機能と自閉症:ニューロリギン遺伝子変異マウスを用いた自閉症病理の探求
田渕克彦
ヒト急性骨髄性白血病の抗癌剤抵抗性とニッチ
石川文彦

αキメリンは,エフリン−Ephシグナルの鍵メディエータとして,運動系神経回路形成を制御する
岩里琢治
哺乳類cell-freeシステムにおけるlet-7 microRNAによる翻訳抑制
脇山素明,横山茂之
エストロゲンは破骨細胞におけるエストロゲン受容体αを介したFasリガンドの誘導により骨量の減少を阻害する
今井祐記,中村 貴,松本高広,加藤茂明
二母性胚からの高頻度なマウス発生
川原 学,河野友宏

間葉系幹細胞の起源とふるまい
高島康弘,西川伸一
新規カーゴ受容体アルカデインはキネシン-1の構成要素の小胞輸送を誘導する
荒木陽一
ヒト肝細胞を安定的に供給できるFah -/-/Rag2 -/-/Il2rg -/-マウス
東 久弥,Markus Grompe

テロメアは染色体ブーケ形成を通して減数分裂期スピンドル形成を制御する
冨田和範
TGF-βシグナルと形態形成:カドヘリンのエンドサイトーシスによる細胞接着調整メカニズム
尾形聡一,Ken W. Y. Cho
SPRED1はNCFC症候群の新たな原因遺伝子である
谷口浩二,吉村昭彦
ショウジョウバエにおけるsiRNAとmiRNAの振り分け機構
泊 幸秀

構造が解き明かすアダプターCRKのシグナル伝達
小橋川敬博,稲垣冬彦,田中伸哉
プロドメインがADAMTSプロテアーゼの組織局在に必須である
伊原伸治,西脇清二
翻訳開始点の多様性はヒトの短いORFの複雑な全体像を規定する
尾山大明
肺癌における新しい遺伝子EML4-ALKの発見
間野博行

胸腺の正の選択を制御する新しいプロテアソーム
村田茂穂
EFC/F-BARドメインによる細胞膜陥入機構
嶋田 睦,丹羽英明,白水美香子,辻田和也,末次志郎,竹縄忠臣,新田浩二,永山國昭,横山茂之
脂肪酸結合タンパク質aP2の阻害による糖尿病と動脈硬化の治療
古橋眞人
脳における体液Naレベル感知機構—グリア細胞が神経活動を制御するしくみの解明
檜山武史,野田昌晴
転写因子LRFは血液幹細胞レベルでNotchシグナルを抑制し,B細胞分化を誘導する
前田高宏

BDNFによるPSD-95の細胞内輸送促進とシナプス形成
吉井 聡
BCL-2ファミリータンパク質NBK/BIK,BAKはタンパク質合成阻害によるアポトーシスを制御する
嶋津 務,井上正順
カルパインとSCOPによる長期記憶形成の調節機構
清水貴美子
分裂酵母に学ぶスピンドル微小管形成のしくみ
戸谷美夏,佐藤政充,登田 隆

胃発癌過程における遺伝子変異の生成の分子機構〜ヘリコバクターピロリ菌感染によるAIDの異所性発現誘導
丸澤宏之,松本裕子,千葉 勉
哺乳動物細胞の異常メッセンジャーRNAサーベイランス機構〜終止コドン欠失型mRNA(ノンストップmRNA)の翻訳抑制現象
秋光信佳
Bat3 (HLA-B-associated transcript 3)はp300によるp53アセチル化修飾に必須である
佐々木亨
ダイオキシン受容体のユビキチンリガーゼ機能〜脂溶性リガンドの新たなシグナル伝達機構
大竹史明,藤井義明,加藤茂明

p63:幹細胞を制御する新たなマスター遺伝子
妹尾 誠
「子育て」「他者の認識と記憶」に必要な膜タンパク質CD38
平井宏和,東田陽博
心肥大におけるp53の活性化はHIF-1を阻害し心機能低下を引き起こす
佐野雅則,小室一成
X連鎖性精神遅延遺伝子SMCXはヒストンH3リジン4脱メチル化酵素ファミリーの一員である
岩瀬茂樹,Fei Lan,Yang Shi

幹細胞分裂における母娘中心体の非対称分配
山下由起子
PSD-95とニューロギリンを介した新たな逆行性情報伝達機構の発見
二井健介,林 康紀
ナノ粒子抗癌剤と低用量TGF-β阻害剤の併用による難治癌治療
狩野光伸
SHREC:ヘテロクロマチン領域での転写抑制に必須のヒストン脱アセチル化酵素複合体
杉山智康,杉山(杉岡)梨恵
SH3BP2のチェルビズム変異は骨量減少と炎症をひき起こす〜天使が教えてくれたこと
植木靖好

tRNAの逆転移:翻訳は3歩進んで1歩下がる?
庄司信一郎,Kurt Fredrick
ORCを介した姉妹染色体の対合
島田健士
Semaphorin3A選択的阻害剤による損傷脊髄の再生および運動機能回復の促進
金子慎二郎,岩波明生,中村雅也,戸山芳昭,岡野栄之

赤痢菌の微小管切断活性は菌の細胞内運動において重要である
田 整,笹川千尋
細胞内小器官の形成維持のための新たな分子機構
近藤久雄,内山圭司,十津川剛
Srcファミリーキナーゼの基質p130Casの伸展を介するメカノセンシング
澤田泰宏,玉田昌子,Benjamin Dubin-Thaler,Oksana Cherniavskaya,堺 隆一,田中 栄,Michael P. Sheetz
嗅神経軸索の投射を制御する分子コード
坂野 仁

ERK5とE3ユビキチンリガーゼUBR1によるc-Fosの空間時間的制御とその意義
佐々木孝則,中嶋弘一
DNAの分解異常による関節炎
川根公樹,長田重一
線虫C. elegansにおいてインスリン様シグナル経路は神経の活性状態および記憶・学習を制御する
児玉英志,森 郁恵
染色体凝縮因子コンデンシンの活性を抑制する新たな制御機構
竹本 愛,木村圭志,花岡文雄

p16INK4a-RB経路は増殖シグナルと協調して不可逆的な細胞老化を誘導する
高橋暁子,大谷直子,原 英二
膜輸送制御タンパク質Protrudinによる神経突起の形成機構
白根道子,中山敬一
N末端メチオニンを介した新しいポリユビキチン鎖
桐浴隆嘉,岩井一宏
Small RNA(CsrB/C)の分解を制御するGGDEF-EALタンパク質CsrD
鈴木一史

ポロキナーゼが細胞分裂時にGタンパク質Rho1を制御する
吉田知史,David Pellman
NMDA受容体のリン酸化による記憶・学習の制御
中澤敬信,山本 雅
12アミノ酸からなるCLEペプチドによる植物幹細胞の維持と分化
福田裕穂
セネッセンスとヘテロクロマチン形成におけるHMGAの新たな役割
成田昌子,成田匡志

癌抑制遺伝子群の新たな神経機能—ニューロンの受容領域を維持・管理する分子メカニズム
榎本和生
Plk1標的タンパク質KizunaによるM期中心体の安定化
押森直木,大杉美穂,山本 雅
IRE1による膵β細胞でのインスリン生合成の制御
浦野文彦

IP3受容体からIP3により放出される新規分子IRBITの発見
御子柴克彦
p53によるミトコンドリア呼吸の制御
的場聖明,松原弘明
神経回路再編成時におけるグリア細胞による神経軸索の貪食
粟崎 健,伊藤 啓
From inside out:生体内での血管管腔形成のメカニズムを追う
亀井 亮

タンパク質切断酵素セパレースが卵母細胞のキアズマを解消する
工藤信明
ALSの発症と進行は運動ニューロンとミクログリアにより規定される
山中宏二
NF-κB2によるT細胞の新たな調節機構
石丸直澄,岸本英博,林 良夫,Jonathan Sprent
神経筋シナプスの形成におけるDok-7の役割:細胞内因子による受容体型キナーゼの活性化
樋口 理,岡田久未子,井上 茜,山梨裕司

ライブイメージングから明らかになったゴルジ槽の成熟
時田公美,中野明彦
細胞接着分子Dscamの分子多様性と特異的神経配線の決定
近藤真啓
presenilin複合体の新メンバーTMP21の機能
長谷川浩史
膵臓形成の位置決定におけるHes1/Notchシグナリングの役割
川口義弥

減数分裂期染色体のブーケ配置におけるテロメアとSPBの連結
近重裕次
癌細胞の遊走,骨転移を制御するRANKL
中島友紀,Josef M. Penninger
概年性に調節される脳内HP複合体による冬眠のコントロール
近藤宣昭
電位依存性プロトンチャネルはポア(孔)構造をもたない分子である
佐々木真理,高木正浩,岡村康司

活性酸素のp38MAPKを介した造血幹細胞寿命制御への関与
伊藤圭介,平尾 敦,須田年生
時計タンパク質CLOCKのヒストンアセチル化酵素としての働き
土居雅夫,Paolo Sassone-Corsi
自然免疫の必須分子IRAK-4が獲得免疫の主役「T細胞」機能を制御
鈴木信孝
SizzledによるChordinタンパク質の分解抑制と背腹軸形成の制御
村岡 修,日比正彦

オートファジーの減弱は神経変性疾患を引き起こす
小松雅明,和栗 聡,内山安男,木南英紀,田中啓二
1個の精子から明らかにされた母性遺伝の仕組み
西村芳樹,成瀬 清
染色体転座が精子に多い人,少ない人
加藤武馬,倉橋浩樹
転写抑制によって生じる新しい神経細胞死
岡澤 均
レトロトランスポゾンを利用した哺乳類の胎生進化
小野竜一,成瀬美衣

交感神経系シグナルによる骨髄ニッチからの造血幹細胞遊走の制御
片山義雄,Paul S. Frenette
新規動原体タンパク質Moa1は染色体接着を介して姉妹動原体の一方向性を確立する
横林しほり,渡邊嘉典
胆汁酸による甲状腺ホルモン活性化とエネルギー代謝調節
渡辺光博,Johan Auwerx
mRNA品質管理システムにおけるナンセンスコドン認識の分子機構
鹿島 勲,山下暁朗,大野茂男

JmjCドメイン含有タンパク質ファミリーによるヒストンの脱メチル化
束田裕一
膵臓β細胞の糖鎖によるグルコースホメオスタシスの制御
大坪和明
新しい神経細胞は脳脊髄液の流れに沿って移動する
澤本和延
ミトコンドリア病モデルマウスを用いた受精卵遺伝子治療
佐藤晃嗣,林 純一

T細胞活性化の開始と維持を担うシグナルソーム“TCRマイクロクラスター”
横須賀 忠
ArgonauteのSlicer活性とRISC形成への関与
三好啓太
20Sプロテアソームの分子集合を支援する新しいシャペロン複合体
村田茂穂,平野祐子
毛包幹細胞の表皮再生における役割
伊藤真由美
癌抑制遺伝子産物meninの11q23転座白血病における癌化のコファクターとしての役割
横山明彦

歯の本数決定・歯尖パターン形成を制御する新しいBMPアンタゴニスト:ectodin
葛西義明,伊藤信行
ヒトゲノム遺伝子砂漠内での哺乳動物に共通な大規模ゲノム重複の発見
伊藤武彦,服部正平
リンパ球ホーミングのしくみ:細胞表面糖鎖の硫酸化はローリング速度を規定する
内村健治

学習することが神経細胞を増やすコツ?
戸塚祐介,久恒辰博
哺乳類NAD依存性脱アセチル化酵素Sirt1の膵β細胞におけるインスリン分泌能の制御
Kathryn A. Moynihan,今井眞一郎
ヒト胸腺ハッサル小体に発現するTSLPによる抑制性T細胞の分化誘導
渡部則彦
17-AAGは伸長ポリグルタミンによる運動ニューロン変性を抑制する
和座雅浩,足立弘明,祖父江 元

腸管上皮の新たな増殖因子R-spondin1の作用
富塚一磨,大島 毅,柿谷 誠
マウスの涙腺から分泌されるオス特異的ペプチド:涙にフェロモン?
木本裕子,東原和成
kelchサブユニットを含む新奇Gタンパク質のシグナル伝達機構
原島俊明,Joseph Heitman
イオンの出入りを介さず膜電位シグナルを伝えるタンパク質Ci-VSP
岩崎広英,村田喜理,佐々木真理,岡村康司

シナプス伝達におけるAMPA受容体とStargazinの相互作用
富田 進
自己細胞移植治療に向けて:骨髄間質細胞を用いた筋細胞の誘導
出澤真理,鍋島陽一
SUMO-1化チミンDNAグリコシラーゼの立体構造とDNA解離機構
白川昌宏,馬場大地
Calyx of Heldを用いた神経伝達物質放出機構の解析
坂場武史,細井延武

RNAポリメラーゼIIとRNAi依存的ヘテロクロマチン
加藤太陽,村上洋太
古典的酵素の新しい機能:酸化ストレスのセンサーとしての解糖系酵素GAPDH
原 誠,澤 明
アグリソームとプロテアソーム機能の同時抑制は相乗的に多発性骨髄腫細胞を障害する
秀島 輝
1型糖尿病におけるインスリンエピトープの役割
中山真紀,George S. Eisenbarth

紫外線によるDNA損傷の修復機構とユビキチン化
菅澤 薫
シナプトネマ複合体タンパク質による減数分裂期の相同性非依存的なセントロメアカップリング
坪内知美
Transthyretinアミロイドーシスの発症メカニズム
関島良樹

オレキシン神経の制御機構
桜井 武
家族性乳癌タンパク質BRCA2リン酸化による相同組換え修復の制御
江刺史子
サイクロフィリンDに依存したミトコンドリア膜透過性遷移の細胞死における役割
中川 崇,清水重臣,辻本賀英
エピジェネティックな変化によるマウス腸上皮細胞の分化異常と腫瘍発生
坂谷貴司