科研費獲得の方法とコツ

  • [SHARE]
  • Send to Facebook
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは,実験医学2009年7月~11月号に掲載された連載より,初めて科研費を申請する研究者,慣れていない若手研究者へ向けて,科研費の概要・応募戦略の立て方・申請書の書き方などをご紹介いたします.本連載を元に,具体的な実例やポイント,最新の内容などを大幅に書き加えた単行本『科研費獲得の方法とコツ』もあわせてご覧下さい.

なお,常に変更している科研費の制度に関して,本書の内容から更新された情報を児島先生に「速報」として随時紹介していただきます.ぜひ定期的にチェックしてください.(編集部)

「科研費審査システム改革2018」に対応した最新版!
科研費獲得の方法とコツ 改訂第5版

科研費獲得の方法とコツ 改訂第5版
児島将康/著
定価 3,800円+税, 2017年8月発行

プロフィール

小島先生 写真
児島 将康(Masayasu Kojima)
’88年,宮崎医科大学大学院博士課程修了(医学博士).日本学術振興会特別研究員を経て,’93年,国立循環器病センター研究所生化学部室員,’95年より同室長.’01年より久留米大学分子生命科学研究所遺伝情報研究部門教授.研究テーマと抱負:研究テーマは生理活性ペプチドの探索と機能解明.グレリンを中心とした摂食・代謝調節の研究.残り少なくなった未知の生理活性ペプチドを1つでも発見して,グレリンのときのような興奮を味わいたい.
趣味:クラシック音楽.最近のお気に入りはHugo Wolf の歌曲.
座右の銘:師匠の松尾先生から受け継いだ言葉“Hitch your wagon to a Star!”高い望みを抱き,理想に燃えよ!