実験医学月刊 連載一覧

クローズアップ実験法

連載一覧 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004

バイオサイエンス研究の最先端で活躍する研究者により、有意義な最新の実験法、新たに改良された方法をいち早く紹介しています。


タンパク質の糖鎖修飾解析のための前処理法
古川潤一,岩崎倫政,篠原康郎

CRISPR/Cas9ゲノム編集を応用したエピゲノム編集法
森田純代,堀居拓郎,畑田出穂

オートファジー活性の簡便かつ定量的な測定法
森下英晃,濱 祐太郎,水島 昇

SBバッファーを用いたDNA電気泳動の時間短縮
安田 圭

塩基変換型ゲノム編集技術,Target-AIDの利用法
西田敬二

FANTOMの成果を利用しようーFANTOM5 SSTARによるプロモーター毎の発現データへのアクセス
伊藤陽介,川路英哉

生体組織中のlacZ発現細胞のライブ蛍光検出
堂浦智裕,神谷真子,浦野泰照

HEK293T細胞を用いたリコンビナントタンパク質精製
山下暁朗

ChIP-seq実験を成功に導くための秘訣
田中かおり,門田満隆

SLiCE法ー精製酵素をいっさい使わない“超低コスト”シームレスクローニング
本橋 健

環状RNAの合成とその翻訳反応─大腸菌と動物細胞の翻訳系
阿部 洋,阿部奈保子

ゲノム構造を個々の細胞ごとに捉えるシングルセルHi-Cライブラリの作成
永野 隆

PNA–NGS法による体細胞GNAS変異の高感度検出
鳴海覚志

腸管上皮オルガノイド作成から遺伝子導入まで
藤井正幸,佐藤俊朗

目的にあったエクソーム濃縮キットの選択ポイント
重水大智,桃沢幸秀,久保充明,角田達彦

光スイッチによる細胞内 Ca2+シグナル制御
石井智浩,中田隆夫

PUREシステムを用いた膜タンパク質の無細胞合成
車 兪澈,上田卓也

CRISPR/Cas9でHDR効率を高める方法
丸山 剛