バイオでパズる

著/山田力志(アソビディア)

本コンテンツは,実験医学同名連載(2017年8月号〜)からの転載となります.バックナンバーのプレゼント応募は終了しておりますが,パズルのみお楽しみいただけるようになりました(本文の文章は掲載時のままになっております).

第13問のこたえ

先月のチャレンジ問題「同じ形に分けよう」の答えはこちら.

16

図のように切ると,5つの同じ図形に分けることができます.切断線の長さを注意深く数えていくと,『16』が答えとなります.先月号の特集テーマが「サイズ生物学」だったので,図形のサイズに関するパズルということで,同じ形に分ける「合同分割問題」から出題しました.合同分割問題にはさまざまなバリエーションがあり,2つの同じ形に分ける「合同2分割問題」や,3分割,4分割問題,さらに発展形である相似図形に分割する「相似分割問題」など,これまでに古典的名作も含め多くの問題が発表され,愛好家も多いパズルの一つです.ある決まった解き方があるわけではないのですが,今回の場合だと1つの図形が正方形7つでできているということはわかるので,それを目安にトライ&エラーを繰り返していくことになります.

この問題は「難しい出題をお願いします」という声を受けての出題だということは先月書きましたが,実は難しいだけのパズルを作るのは,作り手にとっては意外と簡単なのです.ただ,解く気になってもらわなければ意味がないわけで,そこが一番,工夫のしどころだったりします.先月の問題は,解く気になりかつ難しい問題になっていたでしょうか?

では,また来月.次回は文字パズルをお届けします.

著者プロフィール

山田力志(アソビディア)

2006年,京都大学大学院理学研究科修了(博士).’09年,名古屋大学大学院理学研究科助教.’12年,同特任助教.’14年に研究の道を離れ,パズル・トリックアートを中心にしたデザイン集団“ASOBIDEA(アソビディア)”を設立.「面白いをカタチに.」を合言葉に,イベントの実施や広告の制作などを行っている.三重県在住.ウェブサイト:lixy.jp(個人),asobidea.co.jp(アソビディア)