バイオでパズる

著/山田力志(アソビディア)

本コンテンツは,実験医学同名連載(2017年8月号〜)からの転載となります.バックナンバーのプレゼント応募は終了しておりますが,パズルのみお楽しみいただけるようになりました(本文の文章は掲載時のままになっております).

第31問のこたえ

xxxxxx

先月の『四字熟語をつくろう』の答えはこちら.それぞれつくっていくと「起死回生」「至上命令」「金科玉条」「学知利行」の4つになります.「比」「烈」「痛」「無」の4 文字が残るので,それを並べ替えた『痛烈無比』が正解です.最初の3つの熟語はスムーズに浮かんだけれど,4つ目が思い浮かばなかったという方も多いかもしれませんね.「学んで知り,利を行う」ということで,「学ぶことにより理解し,正しさを認めて実践すること」という意味になります.原典は儒教の経典『中庸』で,生まれつき持っているものを自然に行う「生知安行」,苦しんで学んだことを努力して実行する「困知勉行」を合わせた3つのセットで,人の道を知り,それを実行する過程の教えをあらわすということです.

今回のような四字熟語をはじめとする漢字を使ったパズルは,解く際に論理的思考力より,知識の方が必要とされることから,純粋なパズル愛好家からは敬遠されることも多いです.しかし,言葉が思いついた(ひらめいた)時の嬉しさと,とっつきやすさから一般の人には高い人気を誇ります.パズルをつくる立場から考えると,特徴的な四字熟語は重宝します.例えば「一〇一〇」の四字熟語は必須の知識.辞書ではなんと30個以上も出てきますので,何個答えられるか頭の体操に皆さんも考えてみてください.

では,また来月.お楽しみに!

著者プロフィール

山田力志(アソビディア)

2006年,京都大学大学院理学研究科修了(博士).’09年,名古屋大学大学院理学研究科助教.’12年,同特任助教.’14年に研究の道を離れ,パズル・トリックアートを中心にしたデザイン集団“ASOBIDEA(アソビディア)”を設立.「面白いをカタチに.」を合言葉に,イベントの実施や広告の制作などを行っている.三重県在住.ウェブサイト:lixy.jp(個人),asobidea.co.jp(アソビディア)

関連書籍のご紹介

  • Image
  • 実験で使うとこだけ生物統計1 キホンのキ 改訂版
  • 時間と研究費(さいふ)にやさしいエコ実験
  • 実験で使うとこだけ生物統計2 キホンのホン 改訂版
  • 統計学の王国を歩いてみよう
サイドメニュー開く

TOP