バイオでパズる

著/山田力志(アソビディア)

本コンテンツは,実験医学同名連載(2017年8月号〜)からの転載となります.バックナンバーのプレゼント応募は終了しておりますが,パズルのみお楽しみいただけるようになりました(本文の文章は掲載時のままになっております).

第29問のこたえ

先月の『穴埋めクイズ』の答えはこちら.「左から右へ“変わる”」というヒントと,ちょうど真んなかの「□□□」を見て「ちょう」,そして幼虫→成虫の変化が思い浮かべば,答えまでもう一息です.上4つの組合わせはスムーズに埋まったかもしれませんが,5つ目の組合わせについては,知らなかった方もいるのではないでしょうか.すりばち状の巣をつくり,捕食をすることで有名な「アリジゴク」は「ウスバカゲロウ」の幼虫です.

エイリアン

著者プロフィール

山田力志(アソビディア)

2006年,京都大学大学院理学研究科修了(博士).’09年,名古屋大学大学院理学研究科助教.’12年,同特任助教.’14年に研究の道を離れ,パズル・トリックアートを中心にしたデザイン集団“ASOBIDEA(アソビディア)”を設立.「面白いをカタチに.」を合言葉に,イベントの実施や広告の制作などを行っている.三重県在住.ウェブサイト:lixy.jp(個人),asobidea.co.jp(アソビディア)

関連書籍のご紹介

  • Image
  • 実験で使うとこだけ生物統計1 キホンのキ 改訂版
  • 時間と研究費(さいふ)にやさしいエコ実験
  • 実験で使うとこだけ生物統計2 キホンのホン 改訂版
  • 統計学の王国を歩いてみよう
サイドメニュー開く

TOP