バイオでパズる

著/山田力志(アソビディア)

本コンテンツは,実験医学同名連載(2017年8月号〜)からの転載となります.バックナンバーのプレゼント応募は終了しておりますが,パズルのみお楽しみいただけるようになりました(本文の文章は掲載時のままになっております).

第1問のこたえ

先月のチャレンジ問題はいかがでしたか?

覆面算「TGATCT+TCTCCT=GENOME」を解くと「257282+282882=540164」となり,「GENOME」に対応する数字は「540164」が正解です.

「TGATCT+TCTCCT=GENOME」→「257282+282882=540164」

覆面算というパズルの中で一番有名なのは,「SEND+MORE=MONEY」だと思います.イギリスの数学者であり,パズル作家としてもたくさんの作品を残した,ヘンリー・アーネスト・デュードニー(Henry Ernest Dudeney)が1924年に『ストランド・マガジン(The Strand Magazine)』誌に発表した作品です.イギリス人らしいユーモアのある問題ですが,そんなに難しくないので,興味のある人は挑戦してみてください.

このように覆面算は,意味のある文字列を使うことが多いのですが,先月号では一見意味のないATGC配列を利用しました.とはいえ,まったく適当に並べたわけではなく,これらの配列はモデル生物の代表格であるショウジョウバエの2番染色体のゲノム配列から借用してきたものです.ゲノム配列もパズルの素材になりうるということで…お楽しみいただけたでしょうか?

では,また来月.

著者プロフィール

山田力志(アソビディア)

2006年,京都大学大学院理学研究科修了(博士).’09年,名古屋大学大学院理学研究科助教.’12年,同特任助教.’14年に研究の道を離れ,パズル・トリックアートを中心にしたデザイン集団“ASOBIDEA(アソビディア)”を設立.「面白いをカタチに.」を合言葉に,イベントの実施や広告の制作などを行っている.三重県在住.ウェブサイト:lixy.jp(個人),asobidea.co.jp(アソビディア)